ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

新日本:ウィル・オスプレイがあのAEWスターを称賛?「褒めるべきところは褒めるけど、プロレスというものは理解していないと思う。」


 ウィル・オスプレイはAEW×NJPW ForbiddenDoorでオレンジ・キャシディと対戦しました。多くの人たちがこの夜を象徴する一戦と思った試合で、キャシディを相手にIWGP US王座を防衛しました。


Wrestling Inの取材に答えた元IWGP世界ヘビー級王者にして、IWGP US王者はキャシディとの一戦を称賛しました。


「オレンジ・キャシディはとんでもない仕事をしていた、それは誰もが同意してくれると思う。心の芯から言うが、「ショーを盗んだ」ということだ、完全に盗んでしまった。すごいことだ。オレンジ、レフリー、カメラクルー、全てにおいてどれほど良かったか。シカゴでショーを愛している。」


オスプレイはキャシディのどこが好きで、どこが嫌いなのかも述べました。


「彼は無気力で怠け者、俺はエクストラで、まるで俺が着ているジャケットそのもののようだ。あいつは驚異だ。自分自身についての全てを理解し、試合で自らの心の中のゲームをプレイする方法を知っている。褒めるべきところは褒めるけど、プロレスというものは理解していないと思う。」


彼らの試合の後、ユナイテッドエンパイアはキャシディを襲撃、サプライズで柴田勝頼がキャシディを助け出すというシーンを生み出しました。


Wrestling Inc


コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!