国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2022年7月28日木曜日

WWE:UFCオーナー、ダナ・ホワイトが明かすビンス・マクマホンへの敬意「あの男は殺人鬼で、何度か私の背中に斧を振り下ろした」

0 件のコメント :


 

UFC会長のダナ・ホワイトはビンス・マクマホンと必ずしも仲が良いとは言えないが、尊敬の念しかないと語りました。WWE前会長は7月22日に引退し、プロレス界を驚かせました。1982年に父親からWWEを買収して以来、その指揮を取ってきました。


ダナはコンテンダーシリーズ終了後記者会見で、マクマホンの引退について、また何か彼に関する楽しいエピソードがあるかと聞かれ、こう答えました。


「あぁ、ビンスについての話はいくつもある。あの男が築き上げた物、彼が成し遂げたことは信じられない。50年以上も続けている。子どもの頃に見ていたものが、今ここでやっていることは驚異的だ。あの男は殺人鬼で、何度か私の背中に斧を振り下ろした。それはそれで構わない。殺人鬼を相手にしてて、自分を殺そうと予測しないなんてことはない。ビンスには尊敬の念しかないよ。」


ビンスがUFC276に訪れた際に会ったかと聞かれると、元WWE会長にかつてWWEが用意した席よりはるかに良い席を与えたと答えました。


「彼らは私に接触し、試合に来たいと言ったんだ。ロンダを見に行ったときよりもずっといい席をプレゼントしたんだ。あのクソ野郎、相手になんかしないぞ。ロンダから「この試合を見に来てほしい」って連絡が来たんだ。「世界のために見逃すか」って返したら、ロンダから「わかった、あなたが来るって伝えておくわ」って返事が来たんだ。ニューオーリンズに飛んだ、裏口から入るのは禁止だから、窓口に行った。そしたら「あなたのチケットはないですね」って言われたんだ。何人かに電話して、「あなたのチケットを見つけました」って言われたら、奴らは近づいてきて「なんでこの席に座ってるんだ」って言ってきた。「ここが用意した席だろ、クソが、ここに座るぞ」って言い返したら、確かパット・マカフィーだったはずだが「ちゃんとした席に座ってないとダメだろ、カメラに抜かれるんだから」って言ってきた。カメラマンが俺の前にいる75人を蹴って、3列も前から縫うようにやってきて、そのショットを撮ったんだ。あのイベントで私のことをどう思っているのか思い知らされたよ。」


あるレポーターが今はトリプルHとステファニーに変わった事を指摘すると、二人もそこにいたし、これは25年前ではなく2年前の話であると話しました。ホワイトはそれがビンスのやり方だと理解したため、これに関して特に思うことはないと付け足しました。


WWEは以前、UFC276と競合したため、マネーインザバンクのイベントを移動したことがあります。


Fightful

0 件のコメント :

コメントを投稿