AEW:AEWデビューしたインディー界のニュースター、イザイア・ブローナーがエディ・キングストン、鈴木みのるとの対戦を語る。


 

アブソリュード・インテンス・レスリング、AIWで鈴木みのるやエディ・キングストンとビッグバトルを繰り広げ、インディペンデント・シーンのビッグネームになりつつあるイザイア・ブローナー。7月4日放送のAEW Dral:Elevationでは、GPAと組んで、ベスト・フレンズと対戦しました。


Bump Boysのポッdpキャストに出演したブローナーは、AEWでの経験を振り返りました。


「まずは、そのアリーナに立ったという事実、リトル・シーザーズ・アリーナのセットアップ、全席を見渡した。みんな本当に親切だった。今やっているショーの大半はみんなが親切で歓迎してくれるけど、同じくらい嫌な奴らの集まりじゃないし、とても歓迎してもらえた。ベスト・フレンズ、彼らのことは悪く言えないよ。俺たちはやるべきことをやったし、この機会にとても感謝している。このまま雪だるま式に将来のチャンスにつながるといいんだけど……………」


トニー・カーンを見たかと聞かれたブローナーはこう答えました。


「一度だけ見た気がする。試合に出る前の準備をしていたら、彼が横を通ったんだ。どこに向かっていたかはわからない。それが最初で最後だった。それくらいさ」


彼が出演したエピソードは、エディ・キングストンがメインで活躍したBllod&Gutsの前に収録されました。


AIW Gauntlet Fot The Gold15では、エディと対戦をしています。


「リングの中でも外でも、彼からは多くのことを学んだよ。とんでもない男だ。テレビでみているのは彼そのものだし、本物です。リング内外、彼には本当に感謝しています。」


4月のAIW Eyes of the Beastでは、鈴木みのると対戦する機会を得ました。言葉の壁がある中での対戦に難しさはなかったかと聞かれました。


「それほどでもないです。奇妙なことに俺たちのスタイルは似ています。得たものは忍耐力です。時間をかけてやることです。試合時間を聞かされたとき、これでいいのかと思いました。リングに上がって入場するだけでもエネルギーを吸収し、時間をかけることで、自分たちがやったこと全てに意味があると感じたことは、最大の収穫でした。リングの上でそれを見せてくれました。100万回スポットライトを浴びても、誰も何も覚えていなければ、ただ100万回のスポットライトを浴びるだけなんだ。」


Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???