WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

AEW:AEWデビューしたインディー界のニュースター、イザイア・ブローナーがエディ・キングストン、鈴木みのるとの対戦を語る。


 

アブソリュード・インテンス・レスリング、AIWで鈴木みのるやエディ・キングストンとビッグバトルを繰り広げ、インディペンデント・シーンのビッグネームになりつつあるイザイア・ブローナー。7月4日放送のAEW Dral:Elevationでは、GPAと組んで、ベスト・フレンズと対戦しました。


Bump Boysのポッdpキャストに出演したブローナーは、AEWでの経験を振り返りました。


「まずは、そのアリーナに立ったという事実、リトル・シーザーズ・アリーナのセットアップ、全席を見渡した。みんな本当に親切だった。今やっているショーの大半はみんなが親切で歓迎してくれるけど、同じくらい嫌な奴らの集まりじゃないし、とても歓迎してもらえた。ベスト・フレンズ、彼らのことは悪く言えないよ。俺たちはやるべきことをやったし、この機会にとても感謝している。このまま雪だるま式に将来のチャンスにつながるといいんだけど……………」


トニー・カーンを見たかと聞かれたブローナーはこう答えました。


「一度だけ見た気がする。試合に出る前の準備をしていたら、彼が横を通ったんだ。どこに向かっていたかはわからない。それが最初で最後だった。それくらいさ」


彼が出演したエピソードは、エディ・キングストンがメインで活躍したBllod&Gutsの前に収録されました。


AIW Gauntlet Fot The Gold15では、エディと対戦をしています。


「リングの中でも外でも、彼からは多くのことを学んだよ。とんでもない男だ。テレビでみているのは彼そのものだし、本物です。リング内外、彼には本当に感謝しています。」


4月のAIW Eyes of the Beastでは、鈴木みのると対戦する機会を得ました。言葉の壁がある中での対戦に難しさはなかったかと聞かれました。


「それほどでもないです。奇妙なことに俺たちのスタイルは似ています。得たものは忍耐力です。時間をかけてやることです。試合時間を聞かされたとき、これでいいのかと思いました。リングに上がって入場するだけでもエネルギーを吸収し、時間をかけることで、自分たちがやったこと全てに意味があると感じたことは、最大の収穫でした。リングの上でそれを見せてくれました。100万回スポットライトを浴びても、誰も何も覚えていなければ、ただ100万回のスポットライトを浴びるだけなんだ。」


Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について