WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

AEW:ミロ、AEWのベストは俺だと憤る「モクスリーvs棚橋は俺の下の下、AEWオールアトランティック王座はチャリティタイトル」


ミロはAEW×NJPW Forbidden DoorでPAC、マラカイ・ブラック、クラーク・コナーズと対戦し、初代AEWオールアトランティック王座を争いました。試合はPACがブルータライザーでコナーズをタップアウトさせ、勝利しました。

元WWE米国王者であり、元TNT王者のミロは、WhatCulture Wrestling のインタビューで、AEWでの自分をどう見ているのかについて話しました。

「俺は自分が世界チャンピオンの素材であることを知っている。自分がAEWでベストであることは分かっているし、世界ヘビー級王座になるのもそう遠くはないだろう。」

「(ジョン・モックスレーvs棚橋弘至は)俺の下の下だ、あんなのはサブのタイトルだ。そんなものはどうでもいい。もし気になるなら、あのバトルロイヤルに出場して全勝し、暫定王座を目指すはずだ。CMパンクが足を骨折してあいつが戻ってくるまで、奴を倒してタイトルを取るまで、それは問題じゃない。チャリティ・タイトルには興味がなかったんだ」。

CMパンクはDouble or Nothingでハングマン・ペイジを破りAEW世界王座を獲得、パンクの支配は熱いスタートを切り、AEW DynamiteでFTRと組み、マックスキャスター+ガンクラブを破りました。試合の後、パンクは彼の禁断のドアの対戦相手が棚橋弘至の呼び出しに答えましたが、しかし、パンクは最終的に2日後のRampageで、怪我をしており、回復のためには手術が必要であることを発表することになりました。

パンクはタイトルを剥奪されなかったので、当初予定されていた対戦相手の棚橋はジョン・モクスリーと対戦。約18分の攻防の末、棚橋を破りました。

ミロは6月1日のDynamiteで、元WWEでジョン・モリソンとして知られるジョニー・エリートを約6分で破り返り討ちにしました。この試合はミロにとって、約8カ月前の2021年11月13日に行われたAEW Full Gearで、AEW世界王座エリミネーター・トーナメントの決勝でブライアン・ダニエルソンに敗れて以来、同社での初試合となりました。

ミロは待望の復帰後、6月15日のDynamiteでエリート、イーサン・ペイジを破り、シングル戦では無敗をキープしています。

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について