ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

WWE:離脱騒動のサーシャ・バンクス、サイン会出演料は驚愕3万ドル!!スティングと同等設定も、プロモーターは回収に自信


 

FightfulSelectによると、サーシャ・バンクスは1回の出演につき$30,000の提示価格を要求しているようです。


C2E2でのサインイベントへの参加が発表された水曜日以降、プロレス内外のプロモーターが彼女のコンベンション・サイン会に興味を示したと報じられています。具体的には、2つのプロレス・プロモーターがバンクスの代理人に接触してきたそうです。プロモーターの一人が、バンクスは少なくとも2023年1月1日まではプロレス関連のサインを受け付けていないと明かし、以前あった同内容の報道が正確であったことを確認しました。


あるプロモーターはこの価格は予想通りだったと明かし、彼女は自分の意志でWWEを去ったので彼女の需要は高まると詳しく説明しています。さらに彼女は、コンベンション・サーキットに参加したことがなく、彼女をサポートしてくれる巨大なファンベースがあります。


この価格設定は"TVを降りたばかり"のタレントとしては最高値であり、AEWスターであるスティングと同等で、リック・フレアー、ゴールドバーグ、ショーン・マイケルズ、ハルク・ホーガンのみがこれよりも高い出演料を要求していると言われています。


Fightfulと接触したプロモーターはこの価格であっても、お金を回収する自信があると言い、3万ドルという設定を嬉しいと話しています。この価格はレスリングを行うのではなく、ミート&グリートやサイン会を行う場合の価格です。


WWEはまだ正式に彼女の離脱を肯定も否定もしていません。


Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!