Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:ケニー・オメガがアンチに語る日本人女子レスラーの凄さ「もっともっと洗練されている、週7日トレーニングしているプロフェッショナルだ。」


 

AEWは設立当初から、里歩、志田光、竹下幸之介など日本から複数のタレントを招聘してきました。


元インパクト、AEW世界王者のケニー・オメガはCEOGamingのTwitchでアメリカにおける日本人タレントに対する扱いや、他の文化圏のタレントとの違いを語りました。


「多くの国際的な才能が、この誰もが容赦なく、冷酷で、人間性の一片も持っていないこの国にやってきました。彼らは不意を突かれ、突然憎まれ口を叩かれ、驚きます。彼らはまずそれを理解する必要があります。すべての人の気持ちを表すものではありません。人々は文字通り、わざわざアカウントを作り、「これ、これ、その他」ってとにかくネガティブなことを書き散らかすより他にすることがない。おそらくプロレスについてだけではなくて、見た目や声、英語が話せないこと、その全てについてだ。本当に悲しい。」


「志田、伊藤麻希、里歩、坂崎ユカのケースで、ポッドキャストとかネガティブなプラットフォームを持っている連中がいるから、それでいいと思ってるマザーファッカー共の言ってることを聞くとさ……………女子レスラーっていうのはもっともっと洗練されているんだ。彼女たちは週7日トレーニングをしてる、とてもスムーズでプロフェッショナルだ。女子レスラーと舞台裏で政治的な問題が発生したことは一度もない。彼女たちは自分たちにできること、頼まれたことはなんだってやるんだ。」


日本のタレントはAEWで成功を収めており、里歩は初代AEW女子王者としてナイラ・ローズを破り、王座を獲得しました。ナイラが第2代王者になった後、志田がそのベルトを奪還。ブリット・ベイカーに次ぐ290日という防衛記録を持っています。


ケニーは日本で多くの時間を過ごし、DDTと新日本に参戦していました。IWGPジュニアヘビーを二度獲得の後、ヘビー級に転向。NEVERオープン級6人組王座、IWGPインターコンチネンタル、IWGP US王座、IWGPヘビー級王座を獲得。最終的に2019年アメリカに渡り、AEWを創設しました。


ケニーは自分が外国人であったことを考慮して、観客と日本の人々が彼をどのように扱うかについて語りました。


「俺が日本に行って、ケニー・オメガであり、キャラクターであったとき、ただ夢を生きるレスラーで、リングに全てを残そうとしていました。私生活の全てを投げ出しての参戦だった。だけど日本の掲示板でたまに一人くらいバカがいて、アメリカにいないやつはただの無名なんだろ?ってさ、そう思い込まされているんだよ。」


Wrestling Inc


コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!