WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

AEW:ケニー・オメガがアンチに語る日本人女子レスラーの凄さ「もっともっと洗練されている、週7日トレーニングしているプロフェッショナルだ。」


 

AEWは設立当初から、里歩、志田光、竹下幸之介など日本から複数のタレントを招聘してきました。


元インパクト、AEW世界王者のケニー・オメガはCEOGamingのTwitchでアメリカにおける日本人タレントに対する扱いや、他の文化圏のタレントとの違いを語りました。


「多くの国際的な才能が、この誰もが容赦なく、冷酷で、人間性の一片も持っていないこの国にやってきました。彼らは不意を突かれ、突然憎まれ口を叩かれ、驚きます。彼らはまずそれを理解する必要があります。すべての人の気持ちを表すものではありません。人々は文字通り、わざわざアカウントを作り、「これ、これ、その他」ってとにかくネガティブなことを書き散らかすより他にすることがない。おそらくプロレスについてだけではなくて、見た目や声、英語が話せないこと、その全てについてだ。本当に悲しい。」


「志田、伊藤麻希、里歩、坂崎ユカのケースで、ポッドキャストとかネガティブなプラットフォームを持っている連中がいるから、それでいいと思ってるマザーファッカー共の言ってることを聞くとさ……………女子レスラーっていうのはもっともっと洗練されているんだ。彼女たちは週7日トレーニングをしてる、とてもスムーズでプロフェッショナルだ。女子レスラーと舞台裏で政治的な問題が発生したことは一度もない。彼女たちは自分たちにできること、頼まれたことはなんだってやるんだ。」


日本のタレントはAEWで成功を収めており、里歩は初代AEW女子王者としてナイラ・ローズを破り、王座を獲得しました。ナイラが第2代王者になった後、志田がそのベルトを奪還。ブリット・ベイカーに次ぐ290日という防衛記録を持っています。


ケニーは日本で多くの時間を過ごし、DDTと新日本に参戦していました。IWGPジュニアヘビーを二度獲得の後、ヘビー級に転向。NEVERオープン級6人組王座、IWGPインターコンチネンタル、IWGP US王座、IWGPヘビー級王座を獲得。最終的に2019年アメリカに渡り、AEWを創設しました。


ケニーは自分が外国人であったことを考慮して、観客と日本の人々が彼をどのように扱うかについて語りました。


「俺が日本に行って、ケニー・オメガであり、キャラクターであったとき、ただ夢を生きるレスラーで、リングに全てを残そうとしていました。私生活の全てを投げ出しての参戦だった。だけど日本の掲示板でたまに一人くらいバカがいて、アメリカにいないやつはただの無名なんだろ?ってさ、そう思い込まされているんだよ。」


Wrestling Inc


コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明