Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:仲直りは出来るのか??Being The ELITE最新回でマット・ジャクソンがハングマン・ペイジへの仲直りのメッセージを………


Being The Eliteの最新エピソードでアダム・ペイジとThe Eliteの物語が動き出すかもしれません。

アダム・ペイジのアダム・コールとの抗争の際、ヤングバックスは直接関与することを真っ向から拒否した。代わりにマットとニックはAEW世界タッグ王座を奪還することに集中しました。AEW×NJPW Forbidden Doorでの4Wayの最後も、コールを介抱しにリングに上がったヤングバックスが同じように別コーナーにもたれたままのペイジに一瞬向かう素振りを見せたことが報告されていました。

最新のエピソードでは、マットジャクソンがハングマンとの仲直りのために別のステップを取る準備ができているように見えました。彼はスマートフォンのテキストメッセージを書いていましたが、送信を押す前にすべて消去しました。

「いよぉ。そろそろ話してもいい頃だと思うんだ。この数年のことは忘れようぜ?お前は僕らの親友だし、一回だけ会話をする必要があると思うんだ。それで全部解決できる。愛してるぜ」

ヤングバックスは再び彼らの元に信頼できる友人を迎える準備ができているようだが、ペイジとの関係を本当に修復する前に、AEWファン以上の準備が必要であると言えます。

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!