Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

WWE:ビンスの性的暴行疑惑を告発したWWF初の女性レフェリー、リタ・チャタートンが取材に応える。「私は人生の中で、その記憶を呼び起こしたくない」


 

WWF初の女性レフェリーとして知られ、今、紙面を賑わせているビンス・マクマホンの性的暴行疑惑に関する告発をしたとされるリタ・チャタートンはCHEAP HEATの取材に応えました。


チャタートンは、もともとの取材は彼女のWWF初の女性レフェリーとして彼女のキャリアに関する取材をニューヨーク・マガジンから受けていたものが、記事はマクマホンが「性的暴行と不倫の申立を抑制する」ために4人の女性に口止め料を支払った、という内容になっていたと明かしました。


「私は(ニューヨーク・マガジンの)エイブラハム・リースマンに会って、レフリー時代の話をしたことがありました。(国際プロレス)殿堂から表彰された後のことでした。ビンス・マクマホンが口止め料を払ったことで再び新聞に載り、リースマンは私に電話をかけてきて、いくつかの質問をしました。私は質問に応えると、気がついたら雑誌に載っていて、このような事態になりました。」


彼女は記事掲載依頼、メディアからの依頼が殺到しているものの、ほとんど無視することにしていると話します。


「事態がクレイジーです。私の電話には、インタビューさせてほしい、テレビに出てほしい、この番組とこの番組はどうという人からの連絡で頭がおかしくなりそうです。私は何もしないことにしました。将来的に何もやらないというわけではなく、今の時点では自分がなにをしているのかさえよくわかりません。ただ黙って座って、時間をかけて考えて、解決しようと思っています。」


「私は人生の中で、その記憶を呼び起こしたくないのです。まだ痛みがあるのです。そのことが私をまだ悩ませているので、本当にそこへ行くことを避けたいのです。」


近日発売予定のビンス・マクマホン非公認伝記のライターであるエイブラハム・リースマンがこの記事を公開しており、1986年7月に問題は起こったとされています。リタ以外にもマリオ・マンシーニが現在、WWE理事会特別委員会で不正行為の疑いでマクマホンを調査していることを知り、リースマンに明かしました。


WRESTLIND OBSERVER

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!