新日本:【ロングインタビュー】ロッキー・ロメロが明かすForbidden Doorの裏側!扉を開いたケニーの行動?直面した課題、お気に入りの試合とForbidden Door2への期待!


 

日曜日のAEW×NJPW Forbidden Door終了後、AEWのCEOトニー・カーンは、自分と外道の連絡役として、双方が満足の行くコラボレーションを実現させるために尽力したロッキー・ロメロに感謝の意を述べました。


ロメロはイベントの中で、トレント・バレッタと組み、FTR、グレートOカーン、ジェフ・コブのユナイテッド・エンパイアと3ウェイROH/IWGPタッグ王座戦に出場しました。


これは非常にユニークなポジションと言えます。ロメロはイベントが一緒に出来た方法として、AEWと新日本の間で働く経験、そして将来についていくつかの興味深いニュースとして多くの洞察を提供しました。


「俺はAEWと新日本の間を行き来し、賢明であろうとし、アイデアが何であるか、ショーが必要とする感情や全体的なものを伝えようとしました。「もっとこうしてほしい」「もっともっとこうしてほしい」「アメリカのファンも日本のファンも忘れちゃいけない、こうしてあげないと」っていう風にね。だから打破してやろうと思って、両方の異なるビジネスのやり方を理解できるようにしたんだ。AEWのモデルは伝統的なアメリカのテレビモデルであるのに対し、新日本は日本でのツアーベースのモデルだから、ショーでのブッキングややり方そのものが非常に異なるものなんだ。」


ケニー・オメガはいかにして”Forbidden Door”を開いたのでしょうか?


この1年ほどAEWと新日本の間に協力関係が垣間見えましたが、常にそうだったわけではありません。ロメロはThe ELITEが新日本退団で関係がこじれた後、ケニーが両者の間の扉が開くことに手助けをしてくれた人物であると明かしました。


「新日本とAEWの関係は、The ELITEが新日本を対談した時点で氷の中に深く閉ざされたようなもので、今後どのように進んでいくのか心配されていたんだ。当時の社長はAEWと組むことにあまり可能性を感じていなかったみたい。ROHとCMLLと既にパートナーを組んでいたから、とにかく彼らを怒らせないように様子を見よう、と考えていたのかもしれないね」


(補足:The ELITEは新日本だけではなく、ROHからも離脱する形でAEWを旗揚げしており、両者との関係が良くないと考えられていた。また、パンデミック時、ROHは頑なにイベントを再開しなかったことからAEWを含む様々な団体を跨ぐForbidden Doorの流れに乗らなかった。)


「ケニーが俺に電話をしてきてくれて、ドアを少しだけ開くアイデアをくれたのは1年半前くらいだ。ジョン・モクスリーやクリス・ジェリコは新日本でも働いていたけど、ケニーやヤングバックスはAEW以前、新日本では重要な役割を担っていたし、彼らはAEWのEVPだから大きな力も持っている。ケニーがそれを開いてくれて、「なぁ、KENTAがAEWに来て、モクスリーとリングで鉢合わせるってアイデアがあるんだ。彼らはすでにストーリーを持っているからさ」と言ってくれて、そこからすべてが始まったんだ。」


そのタイミングから、ロメロは両プロモーションの連絡役となりました。2021年2月にKENTAがAEWのテレビに登場して以来、彼とトニー・カーンはコミュニケーションを取り、新日本に出演するタレントとAEWに出演するタレントを交換してきました。こうした前後のやり取りがAEWと新日本の両方に強い信頼関係を築いた一因となっています。


「AEWのテレビに出たり、AEWのスターがNJPW STRONGに出たりするのは、全てトニーと俺の間でやり取りがあったからだ。新日本とAEWの関係はトニーも「両者がお互いに信頼し、自信を持っている」と言うように本当に強固なものになっているんだ」


「だから、それを構築することが今回の件で一番重要なことだった。そして、両社ともに「ファンのために何かくーるなことをしよう、何か違うことをしよう」と思っている考えは同じだと思う。なぜなら、どんなものでも、世界のプロレス・ビジネスで確固たる地位を築いている会社だから、チームを組むことには意味があるんだ。日本とアメリカでそれぞれ素晴らしい功績のプロダクツがタッグを組んで、互いのビジネスや収入シェアに支障をきたすなんてことはないんだ。」


トニー・カーンはAEW DynamiteでこのForbidden Doorの発表を行いました。しかし、このアイデアが具体的にどのように実現に至ったのかはこれまで明かされてきませんでした。結局、これはロメロの仕業だったのです。


「俺の記憶が定かじゃなかったとしても、誰も怒らないでくれ。トニーにメールを送って「どうにかして共同で何かイベントを出来ないだろうか」って言ったのが始まりだったと思う。それから彼はすぐにオカダ、ジェイ、ハングマンを始めとして、カード的に何ができるかというアイデアを提示してくれた。コールがその時既にいたのか、後から来たのかは分からないけど」


「だけど、既にアイデアは存在していて、Forbidden Doorに至るまでにそういう風になっていったのは面白い話だよね。この会話は10ヶ月前だったかな?それがきっかけで、雪だるまみたいに広がっていった感じ。」


Forbiddeen Doorは多くのファンが「この番組は呪われている」と信じてしまうような問題がたくさんありました。AEW側ではブライアン・ダニエルソンとCMパンクが怪我で欠場、新日本も石井のケガとヒロムの発熱が起こりました。


ロメロはこの興業を成功させるために直面した課題について語りました。


「交渉の最初の部分は、ぶっちゃけ簡単で、そこから詳細を詰めていくだけだった。両者ともこのショーを成功させたいと考えていたから、おのおの譲歩したんだ。もちろんビジネスとして大きな可能性があるから、次はクリエイティブに移っていくんだけど、そこでスケジュールや他のこと、ケガとかあらゆることが重なって、さらに厳しくなっていった。」


「最後の24時間くらいで、ヒロムが熱を出して来れなくなり、飛行機にも乗れなくて「クレイジー!」ってなった。みーんな、「この番組呪われてるぞ」と言っていて、さすがに俺も「この番組は呪われている」って感じるようになってたよ。「なにか悪いことが起こるんじゃないか………」って。そして、当日は何事もなく終了」


「本当に気持ちよかった。いろいろな感情が入り混じったイベントだと思う、誰もがこのショーに意見を持っていて、多くの人が「あぁ、これはうまくいくはずがない」って言っていたんだ。その後、売り切れが起こった。PPVの数字もこれまででも本当に良い感じ。さらに多くの人がユナイテッド・センターに来てくれた。呪われていると言われ、良いビジネスにならないだろう言われたショーの悪い夜じゃない。憎まれ口を叩いていた人たちに感謝します。ショーの宣伝になったよ。面白いことにみんながこのショーに意見して、うまくいかないと言うことで、みんながこのショーについて話してくれるようになったのさ」


ファンの間では、第二回目のForbidden Doorが開催されるかどうかが注目されています。トニー・カーンは今回のような共同イベントをもっと開催したいと既に何度も発言しており、ロメロはどれだけスムーズにいくかを語りました。


「Forbidden Door2が実現すれば、よりスムーズな関係が築けるだろう。というのも、今、お互いに両社がそれぞれがどのように機能しているか本当の意味で理解が出来ているからね。俺たちがもっとうまくやれること、怪我や実際にはコントロールできないことを除けばね。ただそういうことが実際にはある。それがこのゲームの名前なんだ。」


日本での第二回大会の可能性について、ロメロは新日本はそのためにゲームをしていると語ります。


「それは新日本も非常に興味を持っているところ、必ずしもForbidden Door2である必要はない、3でもいい。日本での開催は間違いない。Forbidden Doorは国際的に成功したから、その可能性は残されていると思うんだ。ただ来年の6月なのか、1.4、1.5と一緒にやるか、タイミング次第。選択肢はたくさんあると思う。」


ロメロがAEWのスターが新日本に出たり、逆に新日本がAEWに出たり、2回目の興業に向けてより強力なビルドをしたいと語っています。タレントの就労ビザの取得は、ショーに至るまでのストーリーテーリングに大きな役割を果たしたと言います。


「何が違うか、という点で言えば、アメリカや日本にいる選手がアメリカに来る必要があるかどうかが”X”週間前に分かるから。日本側としてはAEWの選手がストーリー作りのために来日することを望んでいたけど、ビザを取得するのに十分な時間がなかったり、俺達の手には負えないような問題があったんだ。ビザは文字通りForbidden Doorが始まる3週間前に解禁されたから、日本に来るビザを取得することがほぼ不可能だったんだ」


「今なら、俺達は何をすべきかを理解し、よりエキサイティングなビルドになるように修正が出来ると思う。ブライアン・ダニエルソン、CMパンク、はたまたケニーがドミニオンに現れるって想像したら、本当に、本当にクールなことでしょ」


レスリングアクションの一夜の中で、ロメロのお気に入りの試合はなんだったのかを聞きました。彼はオレンジ・キャシディvsウィル・オスプレイによりIWGP US王座戦で、彼はショーをスティールしたと考えていました。


「「オスプレイならもっと他の人でも良かったのに」とファンが思うような例もあるけど、これはトニーのアイデアで、キャシディとオスプレイがやることになったんだ。俺はこのカードに可能性を感じて、「これはめっちゃ金になるよ、誰も思いつかないようなドリームマッチだ」って思ったんだ。キャシディが素晴らしいレスラーだってみんなちょっと忘れてるよ。2人の偉大なレスラーがいるんだ。俺はこのプロレスが成功すると思っていたし、実際、俺の期待を上回るものになったよね」


ロメロは、キャシディがこの注目のイベントでオスプレイと試合をすることに”ためらい”を感じていたことを明かしました。


「キャシディは「自信がない」って感じだった。彼は、「これは自分にとって素晴らしい試合ではないかも」って。だから「おいおい、これはすごいことになりそうだぞ」って試合後に話をしたんだ。そしたら彼は「今までやった試合の中で一番好きな試合の一つだ。自分があんなに緊張していたなんて信じられない」と言ってくれたんだ。「まぁ、自分のやっていることにためらいがないんだとすれば、自分のやっていることに興味がないんだよ。だから、パフォーマーとしては(ためらいも)感じなければならないね」って。でも、トニーも俺もホームランになるって思ってたよ。」


Forbidden Doorについて話した後、ロメロはNJPW STRONGに関するエキサイティングなニュースを教えてくれました。


7月30日に開催されるIMPACTのStarrcast、そして、リック・フレアーのラストマッチ興業の一環としてNJPW STRONGが行われますが。ここにIWGPタッグ王者であるFTR、そしていくつかのビッグスターの登場を示唆しました。


「新日本の強豪が登場するよ、ナッシュビルでのPPVはStarrcast一部となる予定だ。それに大物選手と契約した。もしかしたらIWGPタッグ王者も出てくるかもしれない。」


また今年の10月には東海岸で大きなPPVクラスのイベントが開催されることも明らかにしたが、まだ契約が結ばれていないため、これい所の情報は明かせないと述べました。


Wrerstling Observer

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???