ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

AEW:異例尽くしの対応!AEW DARKで女子王者サンダー・ロサと山下実優の一戦が放送!アメリカでの再戦は実現なるか


 

夏の太陽プリンセスはアメリカの観客を魅了する準備が出来ています


東京女子プロレスの山下実優が7月12日放送の「Dark」でAEWデビューし、女子世界王座エリミネーターマッチでAEW女子世界王者サンダー・ロサを破りました。この試合はAEWのYoutubeチャンネルで放送されましたが、7/9に行われたTJPW Summer Sun Princess22での出来事でした。この勝利により、山下はロサとのタイトルマッチへの出場権を獲得しました。

これまでAEWは、他団体で行われた所属選手の試合を放送するという前例はなく、今週のDARKではこの一戦の他にREV PROで行われたAEWオールアトランティック王者PACと海野翔太の一戦が放送されるなど、異例尽くしの内容になりました。

山下はTwitterでチャンスを与えてくれたAEW社長のトニー・カーンに感謝の意を表しました。





また、先週の試合後にも、山下はロサとリングをともにした経験を、ロサは試合を予告、山下とのアメリカでの再戦をいつでも歓迎するとツイートしています。




彼女の活躍を知らない人のために説明すると、山下は地球上で最も偉大な女子プロレスラーの人として広く知られている。2013年、DDTの女性だけの姉妹プロモーション「東京女子プロレス」の最初の契約者の一人です。彼女はすぐに新プロモーションのトップスターとなり、2016年1月4日に初代東京プリンセス・オブ・プリンセス王者となりました。以来、3度の王座奪取、計1,065日の王座保持を続け、現在、TJPWのエースとして認知されています。


27歳の彼女は、これまでアメリカでCHIKARAやWWNLiveなどのインディープロモーションで数試合行っており、AEWでのデビューを機に、さらなる活躍を期待したい。


Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!