国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年6月30日水曜日

WWE:アイコニック、4年かかってもグリーンカードが得られず、アメリカ国内での就職が出来ず

0 件のコメント :

 


キャシーとジェシカは、最新のポッドキャスト「Oral Sessions with Renee Paquette」で、いまだにグリーンカードを持っていないことを明かしました。


「私たちにとって難しいのは、まだグリーンカードを持っていないことです。グリーンカードを手に入れるか、どこかでスポンサーを見つけることができるまでは、働くことができません。私たちはとてもワクワクしていて、自由で、たくさんのアイデアを持っているのですが、ブレーキがかかっていて、何もできないのです。私たちがやっているポッドキャストは、お金を稼いでいるわけではありません。純粋に、自分たちの名前を世に広め、関連性を保つためにやっているのです。やりたいことがたくさんあるのにできないというのはつらいことです。今、私たちはこのような状況にあります。文字通り、何もできないのです。ただ待っているだけなのです。


このプロセスに4年もかかっていますが、これは前代未聞のことです。誰もパンデミックや政府をコントロールできなかったのですから...。私は「何もないよ、この国では合法的に働けないからね」と答えました。みんな、グリーンカードを申請して郵便で届くと思っている。このようなことをするには何年もかかり、拒否されたり、パンデミックのために手続きを変更しなければならなかったり、それが年々繰り返されています。


もうすぐだけど、まだ1年はかかるかもしれない、という感じです。みんなは、「そのうち何とかなるだろう」「前の会社が助けてくれるだろう」と言います。 いや、私たちは一緒にやっているんだ。今は自分たちだけでやっているんだから」という感じです。釈放されてからも、何が起こるかわからないので、それがストレスになっています。家を売らなければならないのか?とか、家を売らなければならないとか、どうなるのかわからないからです。ありがたいことに、私たちはここに留まることができますが、その分ストレスが増えました。大変なことです。今後6~12ヶ月の間に解決できることを願っています」。


Wrestling News.co

0 件のコメント :

コメントを投稿