Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:モクスリー、パンデミック時代のプロレスに教訓は存在せず「パンデミックはもう終わりだ。俺はライブでやりたいんだ。」

 

多くのレスラーがパンデミック時代のプロレスを”学びの場”と呼んでいますが、元AEW王者のジョン・モクスリーの場合はそうではありません。レスリング・オブザーバーのインタビューで過去1年間、誰もいないアリーナでプロレスをした経験について語りました。モクスリーはファンのいない空のアリーナで何かを学んだか聞かれ、どの会社も実現する方法を考え出しているものの、自分は「何も学ばなかった」と返しました。



「正直に言うと、ない。俺は誰もいない建物で仕事をしたくないし、偽のファンの前で仕事をしたくない。もしそれをしなければないのであれば、どこも同じだ。」

「Impact、ROH、新日本、サンダードーム、みんなプロレスや他のスポーツでもうまくいく方法を考えてる。ホッケーやその他のスポーツも、UFCもだ。でも、正直なところ、俺は何も学んでない」

モクスリーはファンの前でプロレスをして、そのアドレナリンを感じたいと説明しました。人々の前でライブを行い、もう一度、観客の声を聞きたいと語っています。

「本物の観客が欲しい。アリーナから歩いて出て、ロッカールームを通って、カーテンの外の観客の声を聞きたいんだ。パンデミックはもう終わりだ。俺達は理解し、乗り切った。"私は非常に貴重な教訓を学びました"と言うだろうが、俺はそんなクソには付き合わない。俺はライブでやりたいんだ。ライブの観客とな、それが俺の望みなんだ。」

モクスリーは昨年2月にAEWにおけるパンデミック時代の王者になりました。記録的な277日のヘビー級王者としての活動のほとんどを観客のいないところで過ごしました。

Sescoops

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!