国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年6月26日土曜日

WWE:ルビー・ライオットが明かすライオット・スクワッドの結成秘話

0 件のコメント :


 

元WWEスターのルビー・リオットは、今後ランシドにインスパイアされたルビー・ソーホーという名前を使用するようですが、最近Wrestling Perspective Podcastのインタビューを受けました。


インタビューの全文はスクロールダウンしてご覧いただけますが、ここではライオット・スクワッドの結成と当初の計画について彼女が語ったことをご紹介します。


「ライオット・スクワッドのことは全く知りませんでしたし、何もありませんでした。私がSmackDownにデビューすることを知ったのは、前日にヒューストンにいたときでした。 ソーニャ・デビルと私はTakeOverのダークマッチに出場していたのですが、彼らは私たちに残る必要があると言いました。私たちは、RAWとSmackDownのダークマッチをすると言われたと思うのですが、彼らはLiv、Mandy、Sarahを飛ばしていました。私たちは、「NXT全員でTakeOverに参加したばかりなのに、なぜ人を呼ぶのだろう?なぜダークマッチのために人を呼ぶのだろう?


いったい何が起こっているのか、2日間頭を悩ませました。そして、その月曜日に、ソーニャとマンディがペイジと一緒にアブソリューションとしてデビューし、私とリヴとサラがライオット・スクワッドとして知られるようになると言われたのですが、これは信じられないことでした。私とサラは昔からの友人です。10年来の知り合いだから、それはすごいことよ。そして、リヴはすぐに溶け込んだ。私たちは、お互いをよく知っていて歴史もあるので、彼女が歓迎されないのではないかと心配していましたが、彼女はとても好感の持てる人です。すぐに馴染んでくれました。


私の知る限りでは、私たちは6週間以上は続かないはずでした。ただのエントリーであって、その後はそれぞれの道を歩むことになっていたと思います。私たちはお互いに合わせるために、自分のキャラクターを何も変えませんでした。私たちは自分自身のままでいました。結果的には、その3人の全く異なるキャラクターが、お互いに対照的ではありますが、とてもうまく機能していたので、私たちを一緒にしてくれたのだと思います。私のキャリアの中で最も素晴らしいことのひとつは、彼女たちと一緒に仕事をし、彼女たちと一緒にいたこと、そして「ライオット・スクワッド」と呼ばれるほどの名誉を得たことです。どこにも行く予定がなかったので、自分たちが思うような形に変化させることができました。また、ボスが『スーサイド・スクワッド』を見て、ジョーカー、ハーレイ・クイン、ビーストが欲しいと言っていたと聞きました。そして、ライオット・スクワッドが誕生しました。それがどこまで真実なのかはわかりません。噂ではありましたが、疑うつもりはありません。 私のキャリアの多くは、適切な場所、適切なタイミングであったので、あれがそうであったと信じています。"


Wrestling News.co

0 件のコメント :

コメントを投稿