WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

WWE:ルビー・ライオットが明かすライオット・スクワッドの結成秘話


 

元WWEスターのルビー・リオットは、今後ランシドにインスパイアされたルビー・ソーホーという名前を使用するようですが、最近Wrestling Perspective Podcastのインタビューを受けました。


インタビューの全文はスクロールダウンしてご覧いただけますが、ここではライオット・スクワッドの結成と当初の計画について彼女が語ったことをご紹介します。


「ライオット・スクワッドのことは全く知りませんでしたし、何もありませんでした。私がSmackDownにデビューすることを知ったのは、前日にヒューストンにいたときでした。 ソーニャ・デビルと私はTakeOverのダークマッチに出場していたのですが、彼らは私たちに残る必要があると言いました。私たちは、RAWとSmackDownのダークマッチをすると言われたと思うのですが、彼らはLiv、Mandy、Sarahを飛ばしていました。私たちは、「NXT全員でTakeOverに参加したばかりなのに、なぜ人を呼ぶのだろう?なぜダークマッチのために人を呼ぶのだろう?


いったい何が起こっているのか、2日間頭を悩ませました。そして、その月曜日に、ソーニャとマンディがペイジと一緒にアブソリューションとしてデビューし、私とリヴとサラがライオット・スクワッドとして知られるようになると言われたのですが、これは信じられないことでした。私とサラは昔からの友人です。10年来の知り合いだから、それはすごいことよ。そして、リヴはすぐに溶け込んだ。私たちは、お互いをよく知っていて歴史もあるので、彼女が歓迎されないのではないかと心配していましたが、彼女はとても好感の持てる人です。すぐに馴染んでくれました。


私の知る限りでは、私たちは6週間以上は続かないはずでした。ただのエントリーであって、その後はそれぞれの道を歩むことになっていたと思います。私たちはお互いに合わせるために、自分のキャラクターを何も変えませんでした。私たちは自分自身のままでいました。結果的には、その3人の全く異なるキャラクターが、お互いに対照的ではありますが、とてもうまく機能していたので、私たちを一緒にしてくれたのだと思います。私のキャリアの中で最も素晴らしいことのひとつは、彼女たちと一緒に仕事をし、彼女たちと一緒にいたこと、そして「ライオット・スクワッド」と呼ばれるほどの名誉を得たことです。どこにも行く予定がなかったので、自分たちが思うような形に変化させることができました。また、ボスが『スーサイド・スクワッド』を見て、ジョーカー、ハーレイ・クイン、ビーストが欲しいと言っていたと聞きました。そして、ライオット・スクワッドが誕生しました。それがどこまで真実なのかはわかりません。噂ではありましたが、疑うつもりはありません。 私のキャリアの多くは、適切な場所、適切なタイミングであったので、あれがそうであったと信じています。"


Wrestling News.co

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

里歩を巡る数奇な状況について