WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

WWE:実娘シャウル・ゲレロが語る故エディ・ゲレロの姿「父はこのビジネスをとても愛していて、常にレスリングのことを考えていました。」

 

二世レスラーが増えてきた現代ですが、ファンや家族からの期待の大きさは変わっていません。

シャウル・ゲレロはクリス・ヴァン・ブリートとのインタビューで、今は亡き偉大なエディ・ゲレロの娘として、リングの中でキャリアを追いかける事がどのようなことなのかを語りました。

「父がどのようにして、自らの半分の時間をエディ・ゲレロとして過ごしていたのか分かりません。父はこのビジネスをとても愛していて、常にレスリングのことを考えていました。誰も彼にはなれない。いい意味で圧倒されていました。復帰を発表した時には、プロモーターから沢山の声をかけてもらい、とても謙虚な気持ちになりました。彼等は私を一番上のポジションに置きたがりましたが、私は「6年もレスリングをしていない」と言い続けました。」

「私が初めてプロレス界に入った時、世界で最も大きく、最も権威のある会社に入りました(2010年ディベロップメント契約、FCWデビュー)。それはとてもありがたいことですが、同時に最大のプレッシャーも伴います。ゲレロ流の「go hard or go home(努力するか、家に帰るか)」はもちろんのこと、大きな期待を背負っていて、トレーニングに行くだけでパニックになっていました。」

シャウルはエディ・ゲレロというキャラクターに魅了されたと言いますが、エディ・ゲレロという男に「怖い」と感じる事もあったと話します。

「私の父は、子供の頃から私を怖がらせていました。父がルコールやドラッグに苦しんでいた事はよく知られています。残念ながら、私が12歳、13歳になるまで、父の姿を見る事はほとんどなかったと思います。父との関係は複雑な物でした。本当の意味で父を知ったのは、13、4、5歳のときで、私が15歳の時に亡くなりました」

エディは2005年11月13日、心不全のために亡くなりました。シャウルはその日がどんな日だったかを振り返りました。

「父の妹のリンダといとこたちに起こされました。しかし、誰が亡くなったのか教えてもらえませんでした。私達をリビングルームに連れて行き、何が起こったのかを教えてくれました。母はいなかったので、姉とは別に私に話してくれたと思います。母は完全に取り乱していました。最悪の日でした。」

亡くなってから15年経った今でも、エディは全盛期と同じようにプロレス界で愛されています。シャウルは、父との思い出を振り返って、カメラが回ってない瞬間にこそ最高のものがあったと語りました。

「彼はいつでもフと優しくしてくれます。ある日、私がステップチームの練習に参加していると、彼はみんなのためにマクドナルドを大量に買ってきてくれました。ある日、私と子供達が退屈しているのを見て、水鉄砲をたくさん買ってきてくれました。もちろん彼は一番強いナーフのスーパーソーカーを買ってきて、バトルになりました。そういうことをよくしてくれました。彼は大きな心を持っていて、シラフの時は素晴らしく、ロッカールームで話し相手になってくれました。」

Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

里歩を巡る数奇な状況について