国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年6月4日金曜日

WWE:新日本との提携最新話が到着、関連するとすればWWE NXT、ダニエル・ブライアン出場は無し?

0 件のコメント :

 

レスリングオブザーバーニュースレターの最新貞応によると、WWE社長兼最高収益責任者のニック・カーンは、新日本プロレスとの協力関係の可能性を持ち出した最初の人物ではありませんでした、先週、カーンが新日本との公式なアメリカにおけるパートナーになる可能性について話していた事が報じられました。これは3月下旬から4月上旬に遡ると言われており、ダニエル・ブライアンが新日本の試合に出場する可能性について、交渉の中で大きな話題になっていると明らかにされました。

しかし、この交渉に近い人達が、最初はカーンのアイデアではなかったが、最近はカーンがWWE側の指南役になっており、WWE会長兼CEOのビンス・マクマホンにこの取引の可能性を追求するように求められたという説があります。議論されている取引はWWE NXTに関連している可能性が高く、新日本のトップスターがWWEに連れてこられてWWEのトップスターに負けるとか、その逆のような先週のソーシャルメディアで議論されたような荒唐無稽な憶測ではないと指摘しています。

また、ダニエル・ブライアンに関しても、当初の交渉の中では含まれていましたが、最近は主要な局面になく、最新の話し合いの中では一切話題に出ていないと関係者が明かしています。

新日本の関係者は、自分達にとって有益でなければ、どんな取引にも同視しません。WWEは過去にも話をしようとしたことがありますが、話は進まなかったことが指摘されています。異なる点は今までカーンが関与していなかった、という点です。今回の話はプロレスリングNOAG、スターダム、大日本、ドラゴンゲート、AAAを買収しようとした時に全ての契約が成立しなかった時と同じような状況になる可能性があると言われています。

新日本は現在、海外の様々な団体と協力関係にありますが、WWEとの独占契約により、AEWとインパクトは日本のトッププロモーションと協力することができなくなる可能性があります。AEW社長、トニー・カーンが最近ニックに対し、WWEと新日本の話についてツイッター上でプロモをしていましたが、2団体がすぐに契約を結ぶのであれば、あのプロモはしなかったのではないかと推測されています。

Wrestling Inc

0 件のコメント :

コメントを投稿