国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年6月17日木曜日

WWE:ボビー・ラシュリー、再びMMAに挑戦する意向を表明

0 件のコメント :

 


WWEチャンピオンのボビー・ラシュリーは、今週、Fightfulポッドキャストでインタビューを受けました。ラシュリーは、ビンス・マクマホンが彼を締め上げたこと、サマースラム、今週の日曜日のヘル・イン・ア・セル、ハート・ビジネス、そしてMMAでの彼の将来について話しました。


ラシュリーは、自分とドリュー・マッキンタイアがWWEを辞めて別の場所に行き、戻ってきて会社のトップになったことを比較しているかと聞かれました。


「ラシュリーは、WWEを退団して他の場所に行き、戻ってきて会社のトップになったことから、自分との比較をしているかと聞かれました。 俺たちは変わった。 体調も良くなりました。 戻ってくるために必死に働いた。 戻ってきたときも、このビジネスで偉大なことをしたいというハングリー精神がありました。 ただの男になるために戻ってきたのではない。 だからこそ、今週末のこの試合は特別なんだ。"Hell in the Cellに身を投じて、タイトルのために必要なことは何でもするという試合だからね"


ラシュリーは、再びMMAで戦うかどうかについて、次のように述べています。


"私はまた戦います。 僕にはハングリー精神がある。 今朝、ボクシングのコーチに誘われたので、もう少ししたらここでボクシングをする予定です。 ストレングス&コンディショニングも行ったので、体調は万全です。 闘う必要はないのですが、これまでの人生で培ってきた競争力や競争心がまだ残っているという感じです。 私がこれからすることのひとつは、柔術のトーナメントに出場することですね。 体への負担はそれほど大きくありません。 私はいつもベア・ナックルズの試合をしたいと思っています。 ベアナックルズのオーナーとも話しました。 何度か試合の話をしたことがあります。 やる前にVinceに相談しないといけないかもしれませんね。 そのうちのひとつでもできるように準備をしています。 もしMMAをやるとしたら、間違いなくベラトールの下でやることになると思います。 ベアナックルは、ベラトールとの契約を考えるとできるかどうかわかりませんが、話はしていますし、柔術は絶対にやります。


このインタビューの全文は、iOSおよびAndroidの主要なポッドキャスト・ストリーミング・アプリで聴くことができます。


Wrestling News.co

0 件のコメント :

コメントを投稿