Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:新女子王者ブリット・ベイカーが明かすロッカールームでのサポート、女子部門に対する批判「皆さんの前で部門として共に学び、成長して来ました。それが私達の魅力」

 

志田光を破り、新たにAEW女子世界おうじゃになったブリット・ベイカーは昨夜のプレススクラムに登場し、タイトル獲得について語りました。彼女はチャンピオンになるまでの道程で、AEWのロッカールームでどのように助けられたかを話し、トニー・カーンは彼女の最も大きなサポーターであったことを明かしています。



「トニー・カーンとは親密な関係にあります。多くの人に疑われ、自分自身を信じれなかった時、彼は私を信じてくれたからです。彼は常にドクター・ブリット・ベイカーを信じていたと思います。だから、トニー・カーンを誘惑して、私はタイトルを獲得したのです。」

「クリス・ジェリコの名前は100回言います。リッキー・スタークスの頭の中を探るのが好きです。コーディーは素晴らしいプロレスのマインドを持っています。ケニー、ジェリー・リン、ダスティン、ここにはたくさんの優秀なコーチがいます。それを利用しない奴がバカ。私が「最高の選手になりたい」と思った瞬間から全てがうまくいくようになりました。」

これまでAEW女子部門はベイカーを含め多くの批判を受けて来ました。彼女はその批判があったからこそ、自分自身が向上できたと考えています。女子部門の魅力の一つは、彼女達全員が向上していく様子を人々がリアルタイムで見ている事だと彼女は考えます。

「成長と学習のプロレスだったと考えています。これはハードな事です。私のように大量に聞くのは。でも、そうしなければならないのです。例え、あなたがこの業界で最高であっても、より良くなろうとするならば、批判を受けなければなりません。私はたまたまそのような批判をたくさん受けたので、とても良くなりました。」

「部門全体としては、当時の批判のほとんどはテレビ放映される時間についてだったと思います。私達はほぼ誰もテレビの経験がありませんでした。皆、皆さんの前で部門として共に学び、成長して来ました。それが私達の魅力であり、今、人々がこのブームに乗っている理由でもあると思います。なぜなら「そういえばブリット・ベイカーはマイクを握れなかったな。今の彼女を見てみろ」って感じ。だからこそ、多くの人がこの流れに乗っているのだと思います。」

Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!