国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年6月1日火曜日

AEW:新女子王者ブリット・ベイカーが明かすロッカールームでのサポート、女子部門に対する批判「皆さんの前で部門として共に学び、成長して来ました。それが私達の魅力」

0 件のコメント :

 

志田光を破り、新たにAEW女子世界おうじゃになったブリット・ベイカーは昨夜のプレススクラムに登場し、タイトル獲得について語りました。彼女はチャンピオンになるまでの道程で、AEWのロッカールームでどのように助けられたかを話し、トニー・カーンは彼女の最も大きなサポーターであったことを明かしています。



「トニー・カーンとは親密な関係にあります。多くの人に疑われ、自分自身を信じれなかった時、彼は私を信じてくれたからです。彼は常にドクター・ブリット・ベイカーを信じていたと思います。だから、トニー・カーンを誘惑して、私はタイトルを獲得したのです。」

「クリス・ジェリコの名前は100回言います。リッキー・スタークスの頭の中を探るのが好きです。コーディーは素晴らしいプロレスのマインドを持っています。ケニー、ジェリー・リン、ダスティン、ここにはたくさんの優秀なコーチがいます。それを利用しない奴がバカ。私が「最高の選手になりたい」と思った瞬間から全てがうまくいくようになりました。」

これまでAEW女子部門はベイカーを含め多くの批判を受けて来ました。彼女はその批判があったからこそ、自分自身が向上できたと考えています。女子部門の魅力の一つは、彼女達全員が向上していく様子を人々がリアルタイムで見ている事だと彼女は考えます。

「成長と学習のプロレスだったと考えています。これはハードな事です。私のように大量に聞くのは。でも、そうしなければならないのです。例え、あなたがこの業界で最高であっても、より良くなろうとするならば、批判を受けなければなりません。私はたまたまそのような批判をたくさん受けたので、とても良くなりました。」

「部門全体としては、当時の批判のほとんどはテレビ放映される時間についてだったと思います。私達はほぼ誰もテレビの経験がありませんでした。皆、皆さんの前で部門として共に学び、成長して来ました。それが私達の魅力であり、今、人々がこのブームに乗っている理由でもあると思います。なぜなら「そういえばブリット・ベイカーはマイクを握れなかったな。今の彼女を見てみろ」って感じ。だからこそ、多くの人がこの流れに乗っているのだと思います。」

Wrestling Inc

0 件のコメント :

コメントを投稿