Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:サミー・ゲバラ、ジェリコからのアドバイスを語る「あの人、ちょっと変わった考え方をする人なんだ、俺には分からないけど。彼は天才。」

 

AEWのサミー・ゲバラは、Busted Open Radioのインタビューを受け、クリス・ジェリコがどれだけ助けてくれたかを語りました。

「(どんなアドバイスをもらったかという質問を受けて)たくさんある。瞬間と瞬間の間に時間をかけること、構成をすること。彼はこの分野では最高の人材です。俺が生きているよりも長く続けているのには理由があるんだ。だから、彼が何か言ってくれた時には、受け止めるようにしてる。彼が見ているものを俺が見てなくても、彼の考えがどこから来たのかを理解しようとしてみるんだ。そうすると最後には「なるほど、これは意味アリ」って思えるんだ。

あの人、ちょっと変わった考え方をする人なんだ、俺には分からないけど。彼は天才。あの人が教えてくれたことは正直いっぱいあり過ぎて言えないくらい。」

AEWは、最近、ビッグ・ショーとして知られるポール・ワイトとマーク・ヘンリーがコーチとして契約したことで強化されました。ゲバラは彼等の存在を利用して、アドバイスを求めに行くか聞かれました。

「100パー!もし、バックステージで若い連中が彼等に相談しないなら、バカ。バックステージには、何年も経験のある人がたくさんいるんだ。いつだっていいんだ。ディーン・マレンコと話すだけでもいい。リングの話じゃなくて、旅先の話を聞いているだけでもいいんだよ。時代が変わった事や、彼が語る楽しい旅の話はめっちゃ興味津々。俺はこのメンバーと話すの大好き。マーク・ヘンリーと話すのも楽しみだし、彼なら色々教えてくれそう。」

また、ゲバラは最もアドバイスを求めるプロデューサーを聞かれました。彼の相談相手は元ECWにして、ROHの元世界チャンピオンであることを明かしました。

「ジェリー・リン!俺はジェリー・リンが好き!あの人は俺がどこから来たのかを理解してくれてるんだ。俺がその瞬間に、記憶に残るような、クレイジーなことをしようとしていることを分かってくれてる。その上で「こういう理由でここではできないよ」という風に構造化してくれるんだ。彼は俺が不快に思わないような方法で、現実に引き戻してくれるんだ。」

「ジェリーは人との接し方が上手で、めっちゃいい奴なんだ。Revolutionでダービーと試合をした時、彼が試合のエージェントだったんだ。俺達は観客に向かってクレイジーなことを何かしたかったんだけど、ジェリーが「えっ……お前等それはナシ」って言ったんだ。結局、テーブルに寝かせて630で決まったけど。そう、ジェリーは間違いなく素晴らしい人間なんだ」

Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!