WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

Impact :マット・カルドナが語るニック・ゲイジとの抗争、WWEへの復帰、AEWでの短期活動について

 


今週のショーン・ウォルトマンの "Pro Wrestling 4 Life "ポッドキャストで、マット・カルドナ(元WWEスターのザック・ライダー)がインタビューを受けました。カルドナは現在行われているニック・ゲイジとの抗争や、オール・エリート・レスリングでの短期間の活動などについて話しました。


カルドナは今度のニック・ゲイジとの試合がどのように始まったかについて話しました。


「それは突然起こりました。 彼が私にツイートしたのか、ファンが私にレスリングを申し込んできて、私がスマホでコメントを返したのかわかりませんが、突然、彼が暴れだしたんです。 冗談なのか本気なのかわからなかったけど、本気のようだった。 その後、プロモーションのGCWは、私がショーに参加すると宣伝していましたが、明らかに私はそこにいませんでした。 他の場所でブッキングされていたんだ。彼は『マットはプ○○○だ』と言っていたよ。


いいかい、デスマッチ・レスリングは僕の趣味じゃないんだ。 私のスタイルではありません。 私はそれを尊重していますが、この男を黙らせなければなりませんでした。 単純明快な話だ。 私は常に話題を作ろうとしている。 私は自分の場所に満足していません。 今あるものに感謝していないわけではありませんが、いつももっと欲しいと思っています。 もっと欲しくて目標を立てることは悪いことではないと思います。 今、私はフリーエージェントという言葉を使いたくないのですが、フリーエージェントになっています。 私には上司がいません。 私は自分自身のボスなのです。 大好きなImpact Wrestlingをやっていますが、毎週ではありません。 請求書を支払わなければなりません。 自分の名前を世に出さなければなりません。


Impactはとても楽しかったです。 その場にいることがとても新鮮なんです。 私は実際に関わっていますし、意味のある試合をしています。 私は心の底からの大ファンです。 根っからの大ファンであり、根っからの子供なんです。 もし、PPVマッチがあることがわかっていれば、WWEで作ってもらったかっこいいギアを手に入れることができますし、10回のうち9回は、入場もできず、3分で負けてしまうような忘れられた試合になってしまいます。 インパクトでは、重要なことをやっているというのは素晴らしいことだと思います。 とても楽しいし、ある日はWarrior Wrestlingでレスリングをして、次の日にはGCWに現れてニック・ゲイジをレイアウトすることができる。 最高だよ。"


カルドナは、WWEに戻ることがあるかと聞かれました。


「いいかい、確かに彼らは私に何のオファーもしてこなかった。 決して言わない。 私はWWEに行くつもりはありません。 WWEは嫌いだ』とは言いません。 WWEは素晴らしい。 子供の頃、唯一好きだったものだからね。 唯一愛したプロレス会社というわけではなく、唯一愛したのがプロレス、WWEだったんだ。 大人になってからもずっとそこで過ごしてきました。 私はすべてに恵まれていますが、今の私の目標は、どうやってWWEに戻るかではありません。 それは今の私の目標ではありません。 そのことは考えてもいません。 戻ることはあるのでしょうか? 絶対にないとは言い切れません。 もちろん、そうかもしれません。 何でもいいです。 どうしたら注目されて戻ってきてくれるだろう」なんてことは考えていません。 いや、気にしていない。 WWEの外でとても楽しんでいるんだ。"


Wrestling News.co

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

里歩を巡る数奇な状況について