国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年6月17日木曜日

Impact :マット・カルドナが語るニック・ゲイジとの抗争、WWEへの復帰、AEWでの短期活動について

0 件のコメント :

 


今週のショーン・ウォルトマンの "Pro Wrestling 4 Life "ポッドキャストで、マット・カルドナ(元WWEスターのザック・ライダー)がインタビューを受けました。カルドナは現在行われているニック・ゲイジとの抗争や、オール・エリート・レスリングでの短期間の活動などについて話しました。


カルドナは今度のニック・ゲイジとの試合がどのように始まったかについて話しました。


「それは突然起こりました。 彼が私にツイートしたのか、ファンが私にレスリングを申し込んできて、私がスマホでコメントを返したのかわかりませんが、突然、彼が暴れだしたんです。 冗談なのか本気なのかわからなかったけど、本気のようだった。 その後、プロモーションのGCWは、私がショーに参加すると宣伝していましたが、明らかに私はそこにいませんでした。 他の場所でブッキングされていたんだ。彼は『マットはプ○○○だ』と言っていたよ。


いいかい、デスマッチ・レスリングは僕の趣味じゃないんだ。 私のスタイルではありません。 私はそれを尊重していますが、この男を黙らせなければなりませんでした。 単純明快な話だ。 私は常に話題を作ろうとしている。 私は自分の場所に満足していません。 今あるものに感謝していないわけではありませんが、いつももっと欲しいと思っています。 もっと欲しくて目標を立てることは悪いことではないと思います。 今、私はフリーエージェントという言葉を使いたくないのですが、フリーエージェントになっています。 私には上司がいません。 私は自分自身のボスなのです。 大好きなImpact Wrestlingをやっていますが、毎週ではありません。 請求書を支払わなければなりません。 自分の名前を世に出さなければなりません。


Impactはとても楽しかったです。 その場にいることがとても新鮮なんです。 私は実際に関わっていますし、意味のある試合をしています。 私は心の底からの大ファンです。 根っからの大ファンであり、根っからの子供なんです。 もし、PPVマッチがあることがわかっていれば、WWEで作ってもらったかっこいいギアを手に入れることができますし、10回のうち9回は、入場もできず、3分で負けてしまうような忘れられた試合になってしまいます。 インパクトでは、重要なことをやっているというのは素晴らしいことだと思います。 とても楽しいし、ある日はWarrior Wrestlingでレスリングをして、次の日にはGCWに現れてニック・ゲイジをレイアウトすることができる。 最高だよ。"


カルドナは、WWEに戻ることがあるかと聞かれました。


「いいかい、確かに彼らは私に何のオファーもしてこなかった。 決して言わない。 私はWWEに行くつもりはありません。 WWEは嫌いだ』とは言いません。 WWEは素晴らしい。 子供の頃、唯一好きだったものだからね。 唯一愛したプロレス会社というわけではなく、唯一愛したのがプロレス、WWEだったんだ。 大人になってからもずっとそこで過ごしてきました。 私はすべてに恵まれていますが、今の私の目標は、どうやってWWEに戻るかではありません。 それは今の私の目標ではありません。 そのことは考えてもいません。 戻ることはあるのでしょうか? 絶対にないとは言い切れません。 もちろん、そうかもしれません。 何でもいいです。 どうしたら注目されて戻ってきてくれるだろう」なんてことは考えていません。 いや、気にしていない。 WWEの外でとても楽しんでいるんだ。"


Wrestling News.co

0 件のコメント :

コメントを投稿