国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年6月2日水曜日

AEW:マーク・ヘンリーがWWE離脱に先駆けビンス・マクマホンとかわした会話を明かす「必ずしも望んでいないが、もし君が必要だと思ったら、行ってくれ。」

0 件のコメント :

 

AEWに加入したマーク・ヘンリーが今朝Busted Open Radioに参加し、どのようにしてWWEを離れ、AEWに参加したかを明かしました。

「私の契約は終わっていました。最近のことではありません。5ヶ月?6ヶ月前?私はオフィスでのポジションが欲しかったし、付随する様々なものも欲しかったんです。ビンス本人と会話をしました。彼は「構わない。お前の望むことは聞く」と言ったんだ。私は大掃除が行われていて、多くの削減が行われている事を聞かされました。これからたくさんの事が起きるはずです。」



「会社で何百人もの人がいなくなるのを見て来ました。私は「そういう事を知っているからこそ、どこにもいかないくらい価値を感じている。それはいいことなんだ」と思っていました。しかし、契約が成立して、次にどこに行くのか、何をするのか、という権利や合法性の部分が出てくると、もっとやりたいと感じました。いつももっとやりたいと思っていたんです。私はおせっかいな人間です。自分が出来ると思う事をやっていなければ、特に他の人よりもうまくできると思っているのであれば。もし、その機会が得られないのであれば、どこか他の場所でその機会を探さなければなりません、つまり、そうしたのです。」

プロモーションを変更する事について、ビンス・マクマホンと交わした会話について聞かれると、その会話はポジティブなもので、25年間WWEで働いて来たことについてもポジティブなことばかりだと公言しました。

「ネガティブではなかったです。みんなが知っているように、私とビンスはお互いに愛を持っています。そして、愛以上に尊敬している。私が彼に電話をして、言うべき事を言ったのは、兄が弟に「影の存在に疲れたよ、お前の下にいる誰かが俺の邪魔をしている気がするんだ。もし誰かが妨げているのなら、去らなければならない。なぜなら、お前は誰にでも、何をすべきかを伝える事が出来るが、それには何かが伴うからかもしれない。私は自分が妨げられているような気がします、自分のやりたいことができないのです。私は成功したいのです。もっと学びたいし、もっと壁に立ち向かいたい。」と伝えたんだ。」

「最高にクールな事だった。彼は「君は必要な事をすべて知っている。必ずしも望んでいないが、もし君が必要だと思ったら、行ってくれ。わたしはあなたが成功する事を知っている。」彼はそう言いました。私はそういう会話から逃げません。なんだか怖くて不誠実な人と思っている人がたくさんいます。マーク・ヘンリーが不誠実なんていう人はいません。私は忠実です。もっと高い金額を提示されたこともあったが、WWEを辞めなかった。25年間、同じ会社で良い時も悪い時も、私はそこにいました。全てが完璧とはいきませんでしたが、完璧な存在の家族なんているのでしょうか?そう多くはないと思います。しかし、私にとっては本当に良かった。本当に良い経験をしたし、多くのことを学んだ。私はリング周りやケータリングよりも、プロダクションオフィスやトラックの中で過ごす時間の方が長かった。私は常にエグゼクティブな考え方を持っていました。」

ヘンリーはAEWに加入した事で、何に力を入れたいかと聞かれました。AEWは既に若い層を獲得していると感じているので、ヘンリーは年配のファンの獲得に力を入れたいと考えています。そのためにはAEWの地域社会への働きかけを強化する事が必要だと考えています。

「タレント性やショーの流れ、ハイフライングが若い人を引き寄せています。年配の方々を取り込むには、昔ながらの方法、草の根的な方法を使う事です。私達は再び新聞に掲載されなければいけません。私達がサービスを提供しているコミュニティに手を差し伸べなければならないのです。すべてのアリーナ、すべてのショーで、地元のメディアに登場しなければなりません。テレビや新聞など、その街で注目を集められる方法なら何でもいい。そのためには、ショーが始まる前の6時のニュースで「ボーイズ&ガールズクラブの子供達が来ています。ポップコーンを食べたり、コーラを飲んだりして、楽しい時間を過ごしましょう」と言うのです。」

「そしてスペシャルオリンピックス(知的発達障害のある人に対し、自立や社会参加を目的とし、スポーツプログラムや競技会を行う国際スポーツ組織)をサポートしなければなりません。また、地域のローカルなコミュニティにとって適切で重要なものをサポートする必要があります、と宣言しなければいけません。それが年配者の役目です。私は、若い人達のムーブから方向性を変えたり、離れたりするつもりはありません。私は団塊の世代で、若い頃のようにストリートに出て行く事もないし、最近の子供達がやっていることの専門用語をすべて知っている訳ではありません。でも、年配者が何をしているかは知っています。そこに焦点を当てようと思います。」

Wrestling Inc

0 件のコメント :

コメントを投稿