国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年6月23日水曜日

WWE:Kushida、激動だった2017年に引退を予感していた件について語る。カイル・オライリーとの関係について

0 件のコメント :


 

Kushidaは今年、WWE NXTでサントス・エスコバーからクルーザー級王座を獲得するなど、絶好調の活躍を見せています。


Kushidaは水曜日に放送されたNXTのメインイベントでカイル・オライリーとのノンタイトルマッチを行ったばかりですが、その際にダイヤモンドマインのデビューを果たし、この派閥が彼を攻撃しました。WWEは数ヶ月前からこのグループを計画していました。


Kushidaはツイッターで、2017年に腹痛のためにプロレスを引退しかけたことについて、このような声明を出しました。


"2017年、この頃、私はすべての試合後に引退を考えていました。試合のたびに心身の健康に不安を感じていました。私は月に2回、日本とアメリカを行き来してプロレスをしていました。


その間、試合後に激しい腹痛に襲われることもありました。冷や汗をかきながら床にしゃがみ込み、痛みが治まるのを待つしかありませんでした。病院で胃カメラを喉に入れて、胃の状態を調べてもらいました。しかし、医師は何の異常も見つけることができなかった。医師の診断は、「自律神経が乱れているのだろう」というものだった。私のこの腹痛のレベルは普通ではありませんでした。そして、このままでは相撲が取れなくなってしまう。大げさな話ではないと思った。そして、いつ自分のプロレス人生が終わってもおかしくないと思っていた。


そんなとき、カイル・オライリーと試合をした。4年前のロンドンでのことです。その時点で、カイル・オライリーはもうすぐWWEと契約すると噂されていた。試合後、私は彼と直接話をしました。彼は自分の正直な気持ちを話してくれました。そのときは、いつかWWEで彼と試合ができたらいいなと思っていました。私のプロレス人生は永遠には続かないと思っていました。


だから昨日は特別だった。WWE/NXT universe! 見てくれてありがとう。私たちの戦いは永遠に続きます。"


NJPW時代のKushidaは、IWGP Jr.ヘビー級王座を6回、Jr.ヘビー級タッグ王座を2回獲得するなど、成功を収めました。2019年、KushidaはWWEと契約。


Wrestling News.co


0 件のコメント :

コメントを投稿