国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年6月27日日曜日

WWEサンティーノ・マレラの娘ビアンカ・カレリが2019年に受けたWWEトライアウトについて語る

0 件のコメント :


 

元WWEスターのサンティーノ・マレラの娘であるビアンカ・カレリが、クリス・ヴァン・ヴリエット・ポッドキャストに出演し、彼女のレスリングキャリアについて語りました。


ビアンカは、2019年のWWEトライアウトについて


"みんながどうやって選ばれたのかはわからないわ。明らかに、父が当時のバトル・アーツの生徒の何人かを出したと思うわ。それはエキサイティングだった。何ヶ月も前から知っていて、カッコウの鳥のようにトレーニングしていました。当時の私は、実際にレスリングを経験したことがあまりありませんでした。そのトライアウトに参加したのは13試合だったと思いますが、リング上での心理学、そして私が感じた運動能力のレベルは非常に高いものでした。


だから当然、衣装を考えたり、緊張したり、ワクワクしたりするわけです。そして、実際に行ってみると、とてもクールでした。まさに息を呑むような光景でした。会場に足を踏み入れた瞬間、圧倒されました。ブランドの認知度、使用されている色、たくさんの黒と銀、そして暗闇と赤がありました。とても威圧的なマーケティングの嵐でした。その表現がいいのかどうかはわかりませんが、よくわかりません。とてもクールでした。それは、私が本当にこの一部になりたいと感じさせるものでした。今でもその気持ちは変わりません。たった2日間でした。トライアウトは通常5日間ですよね。


私が一番感じたのは、もっと時間があれば、自分のハートの強さや、どれだけプッシュするかをアピールできたのに、ということです。自分の中の野蛮人を見せたかったのです。13試合しかできないかもしれませんが、私は戦いますし、働きますよ、ということを示したかったのです。私のハートを見せたかったのです。それができたかどうかはわかりません。明らかに十分ではありませんでしたが、それでも私は落胆しませんでした...彼らは、仕事を続けてもっと経験を積めと言いました。"


Wrestling News.co

0 件のコメント :

コメントを投稿