Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

WWE:レッスルマニアを前にインターコンチネンタル王座を獲得したリコシェ、意気込みを語る「このタイトルは私にとっても重要だから、みんなにとっても重要であって欲しいんだ。」


 昨晩、スマックダウンのオープニングでリコシェはサミ・ゼインを破り、新たなインターコンチネンタル王者になりました。バックステージでインタビュアーに、この経験がいかに特別なものかを語りました。

「2003年にデビューし、それあから19年、自分が始めた場所が今どうなっているかを確認することが出来、とてもやりがいを感じているよ。誰もが自らを一番だと語るし、私も長い間言い続けて来た。長い間、そうだと自分に言い聞かせて来たけど、今回、それが証明されたんだ。」

「インターコンチネンタル王座、US王座、NXT北米王座は、私がここに所属しているというだけでなく、ここで成功し、ここで何者かになれるということを証明するものです。これはまさに証明です。今夜見た感動はとてもリアルなものです。全てはこの一瞬の為にあったのです、感動しています、他には何もありません。」

彼の今の目標はIC王座がユニバーサル王座やWWE王座と同じように見られるように、タイトルマッチに全力を注ぐ事です。

「インターコンチネンタル王座とUS王座は私が子供の頃に好きだったタイトルで、世界ヘビー級王座と同じく、この部門の人々が成長させたタイトルだからです。そして、今、このベルトをユニバーサル王者やWWEヘビー級王者と同じぐらい意味あるものにする、そんなレスラーになりたいんだ。このタイトルは私にとっても重要だから、みんなにとっても重要であって欲しいんだ。」

レッスルマニアが目前に迫り、"最も壮大な舞台"で誰がリコシェに挑戦するかは興味深いところとなります。彼は挑戦者を歓迎し、誰とでも戦う用意があると言います。

「誰もが知っている、もし誰かがチャンスを欲しているなら、誰でもいい。ただリコシェはハイフライが好きなのと同じくらい、戦うことも好きだと知って欲しい、というわけで、オープンな招待状だ」

Wrestling Inc

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!