ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

AEW:エディ・キングストンとの握手を拒否したジェリコ、水曜のDynamiteでセグメントを予告「俺は約束を守る男なんだ、エディ……お前には握手の借りがある。」

 

水曜日のAEW Dynamiteで、クリス・ジェリコはエディ・キングストンを取り上げると明かしました。

日曜日のPPV「Revolution」でジェリコとエディのシングルマッチが行われ、事前にジェリコは彼を倒せた場合、握手をすると約束をしていましたが、実際の試合の後、躊躇したものの握手を断り、リングを去りました。

インスタグラムを更新したジェリコはこう書いています。

「1998年の #Gong Magazine の写真を見ているような気がするかもしれないがそうじゃない。エディ・キングストンは昨夜のAEW Revolutionで"本物"のクリス・ジェリコを求め、それを手に入れた……そしてそれ以上のものを手に入れたのだ。俺のキャリアで最も厳しい戦いの1つであり、俺は勝利する側に回れなかったが、俺達2人は歴史を作ったと思う!!でも、俺は約束を守る男なんだ、エディ……お前には握手の借りがある。今週のAEW Dynamiteで借りを返せるといいんだけどね」

DynamiteではTNT選手権試合サミー・ゲバラ vs スコーピオ・スカイ。勝者はNO.1コンテンダーであるウォードローと対決。また、AEW女子世界王座No.1コンテンダーマッチ サンダー・ロサ vs レイラ・ハーシュも行われます。

Wrestling Observer

 

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!