WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

CYN:アダム・シャー(元ブラウンストローマン)が語る新プロモーション計画、NFT活用、メタバースでの展開も示唆


 アダム・シャーこと元ブラウン・ストローマンはWWEを退団後、EC3と共にControl Your Narrativeの一員として新たな事業に取り組んでいます。既にオーランドとダラスでのツアープロモーションが決まっています。MackManiaのポッドキャストに出演し、詳細とプロモーションの始まりについて語りました。

「正直、グループの中の冗談として始まったものが今、全部、狂気的な後知恵になってる。WWEにいた頃、最初のストーリーが撮影されて、その時は舞台裏にいたんだ。後ろに隠れて、俺が持ってるテレビの知識を少しばかり提供していた。WWEでブラウン・ストローマンとして制作したクレイジなースタントと密接に仕事をし、カメラでどう撮影すべきか、連続性を確保し、ストーリーをどう伝えるか内観していた。このムービーが公開された時、俺は「クビになったら、早く一緒に仕事を手伝いたい」と冗談を言ってたんだけど、翌日の午前9時に契約解除の電話がかかってきた。もしかしたら、俺達が話し合って実現させたのかもしれない。」

「仲間内のアイデア、冗談、夢から始まり、試合に繋がり、テレビ局との提携発表まであと数日というところまで来ているのです。大きな、信じられないような事があっという間に起こり、適切な時に適切な場所にいることが文字通りこのようなことが起こるきっかけとなり、私のファンで、大きな技術を持ち、プロレスを楽しむ様々な機会を探している人達に出会う事が出来た。私達の物語を広め、ファンにプロレス観戦の新しい方法を提供する手助けをしてくれる、こうした様々な企業や団体と提携することは本当に素晴らしい事です。」

「今、私達が取り組んでいるのは、Control Your Narrativeがメタバースにおける最初のプロモーションとなり、NFTのキャラクターが購入出来、ビデオゲームで遊べるようなものになることです。私達はこのプロジェクトに全力を尽くしています。これは何か違う事をする、業界を少し変える、たった1つのチャンスなのです。タレントの手に大きな力を与え、中間マージンをカットするのです。あちこちに出入りして、ギャラを払わなければならない人達の話を聞く事があります。会費を払うと言う事は、外に出て働く事であり、その対価としてお金を貰うべき、4、5時間かけてリングに上がり、体を張って、握手をして家に買えるというような話はうんざりしてしまう。俺とEC3のためにはたらいている人達は給料をもらうことになる。それがこのイベントの特徴だ。ビジネスなんだ、お金を稼ぐ為にここにいるんだ。ビジネスが儲かり、タレントが儲かり、オーナーが儲かり、みんなが楽しくて、幸せで、そうやって変化を起こして行くんだ。」

Fightful

 

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明