AEW:トニー・カーンはジェリコとニック・ゲイジのノールールマッチに対しTNTから許可をもらっていたと明かす

 


AEWは、ノースカロライナ州シャーロットで開催された水曜日のAEWダイナマイトのメインイベントに、クリス・ジェリコとニック・ゲイジのノールールマッチをブッキングしました。


予想通り、血みどろの試合となってしまいました。ケージはピザカッターを武器にして試合を開始しました。椅子やガラス、ライトチューブなどを使っていました。ある時、ゲイジは壊れたライトチューブを使ってジェリコの額を刺すことになってしまいました。


デイブ・メルツァーは、今日のレスリング・オブザーバー・ラジオで、AEW社長のトニー・カーンがこの試合についてTNT幹部と話をして、試合のアイデアにOKをもらったと指摘しています。


"TNTは...トニー・カーンがTNTに前もって話をして、基本的に何が起こるかを伝えていたので、彼らはOKを出していると思います。もし彼らに黙ってこのような暴力的なことをして、ガラスの破片などで血まみれになったとしたら、非常にまずいことになるでしょう。"


メルツァー氏は、この試合は1回限りのものだが、4分の1時間の視聴率が良ければ、変更される可能性があると付け加えました。


ジェリコはMJFと対戦するために、労働力第3号として元WCWのスターでライバルのフベントゥ・ゲレラとレスリングすることになった。


Wrestling News.co

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???