ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

WWE:ペイジ、スクワットを披露。首の怪我も復帰あきらめず

 


ペイジは、首を痛めた後も、いつかはリングに戻るという希望を捨てていませんでした。


元2度のWWEディーバ・チャンピオンは、ツイッターで、再び185ポンドのスクワットができるようになったことを記しました。彼女は以下のように書いています。


"みんな、私は強くなっているよ。185ポンドのスクワットを再開したんだ。大した量ではないけど、首のせいでジムに通うのが不安だった私にとっては大きな成果だ。でも、首の調子はとてもいいんだ。自分を誇りに思うよ」。



ペイジが最後に試合をしたのは2017年12月のライブイベントでしたが、サーシャ・バンクスから背中に強烈な蹴りを食らったことで、試合を中止する必要がありました。彼女は、脊柱管狭窄症を患っているため、WWEの医師から再びレスリングをする許可を得られないと言われていました。


それ以来、マネージャー、スマックダウンのGM、FS1の番組「WWE Backstage」のアナリストなどを務めてきました。現在は、Twitchやモデルとして活躍しています。


Wrestling News.co

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!