国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年7月11日日曜日

AEW:ジョシュ・バーネットが語る弟子シェイナ・ベイズラー、ヤングバックスとの確執、どんな解説を心がけてるか

0 件のコメント :


 ショーン・ウォルトマンとニック・ハウスマンは、元UFC世界ヘビー級チャンピオンのジョシュ・バーネットをゲストに迎え、「Pro Wrestling 4 Life」ポッドキャストを放送しました。バーネットは、UFC、Bloodsport、The Young Bucks、新日本プロレスなどについて語りました。


バーネットは、教え子であるWWE Rawのスター、シェイナ・バズラーについて語りました。


"彼女は今、素晴らしいよ。RAWでは、どこに出しても彼女は輝きます。彼女はプロレスの本質を最初から理解している人です。彼女と一緒に仕事をしなければならないこともありました。今の業界には、悪い影響を与えていることに気付いていない人がたくさんいます。それほど長い間、彼らは存在しているのです。悪意のあるものという意味ではありません。悪い指導をしようとしている人はいないと思いますが、ただ、彼らが台無しにしているだけです。シェイナは外で働いています。今、彼女はアレクサ・ブリスと付き合っている。厄介で、奇妙で、何であれ、彼女はそれを成功させるでしょう」と述べています。


バーネットはヤングバックスについて、なぜ彼らの試合中にあのようなコメントをしたのかを話しています。


"彼らが何をしているのかは知らない。誰が彼らを怒らせて、私とJRがいつも彼らを葬っていると思わせたのか分かりませんが、そんなことはありませんでした。問題だったのは、彼らがクールになりたがっていたことだと思います。私は、「お前はヒールだ。申し訳ありませんが、あなた方は常にズルをしています。常にズルをし、ルールを破り、ヒール的なことをしているのだから、卑劣だと言われても仕方がない。私たちは、あなた方がひどく、恐ろしく、悪い人間だと言うつもりです。私たちは、「お前は最低だ」とは言っていません。それが君たちの仕事だったから、君たちは悪人だと言ったんだ。あなた方の仕事は悪人であることでしたが、今では誰も本当のヒールになりたがらないようですね。誰もがクールなアンチヒーローやクールな悪者のヒールになりたがっています。自分のグッズをすべて売りたいのです。申し訳ありませんが、そんなことはありません。もしあなたがヒールなら、ヒールでいてください。ファンに好かれているかどうかを気にするのはやめましょう。あなたには、ここで果たすべき役割があります。そして、もしあなたが人々に「くそくらえ」と言って走り回りたいのであれば、人々はあなたが歯を蹴り飛ばされるところを見たいはずです。それが現実なのです。


誰もヒールになりたがらないのは、問題ですね。誰かがThe Bucksを怒らせた。どうやってかは分かりませんが。彼らはとにかくツイッターでいつも喧嘩をしていました。 実際に彼らと議論したことは一度もありません。わからないけど、彼らの試合では常にカバーしていた。彼らはメルツァー・ドライバーを打ちに行くのです。時にはクレイジーなことをしても、2カウントしか取れないこともあります。私の考えでは、これがダメだったとか、弱かったとか、そういう風に思われたくないんです。これはただの希望の星であり、彼らのヤル気を引き出すためのものです。そんな風に思われたくないんだ。どのジャクソンが何をしているのかわかりませんが、「マットがロープから出てきたとき、パイルドライバーのために足を完全には動かさなかったことがわかるでしょう」と言いたいのです。


私は彼らがやっていることを軽視したいわけではありません。彼らが完璧にヒットしていれば、あの試合は終わっていたんだけど、彼らは疲れているんだ」と感じてほしいのです。タフだからね。 汗をかいている。何かが起こっている。宙に浮いた男が反転して着地し、アシストした墓石を渡す。OK、たくさんのことが起こりうるし、見逃すこともある』。いつも男をリングから叩き出さなければならない男が出てくる。いつもそれをひっくり返さなければならない。OK、いいよ。それはともかく、もしこれが起こっているなら、これに至るまでのすべての試合でも、『スローモーションを見ればわかるが、彼は彼の一部を捉えただけだ。そのせいで彼も怪我をしたのかもしれない』。私はいつもここで、誰もが弱いわけではないということを言いたいのです。弱い人はいない。悪い人もいない。これは戦争に行けば起こることなんだ。戦場に行くと、思い通りにはいかないものです。450でドーンといっても3カウントは取れない。多分、足のフックが足りなかったんだと思います。自分に能力がないのではなく、ほんの些細なことが原因なのだから、ライバルとの間にはそれくらいの差があってしかるべきだ」と述べています。


Wrestling News.co

0 件のコメント :

コメントを投稿