ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

WWE:ダニエル・ブライアンの復帰に関して内部的な議論は行われていない模様、やはりAEWへ?


 

ダニエル・ブライアンは、数ヶ月前にユニバーサル・チャンピオンのロマン・レインズに敗れてスマックダウンから追放されて以来、WWEのテレビに姿を見せていません。これは、WWEとの契約が切れるために、元WWEチャンピオンをテレビから消すために行われたものです。


この時点まで、ブライアンのプロレス業界での将来は秘密のままでした。ブライアンとその家族以外には、ブライアンがWWEに復帰するのか、それとも他のプロモーションに行くのか、誰も知らないようです。


Pwinsider.comは今日、ブライアンがWWEに復帰することについての内部的な議論は無く、WWEのロスターにも登録されていないと報じました。WWEの一部の人々は、ブライアンがAEWと契約している、またはいずれ契約する事を示唆していると受け取っています。しかしブライアンがオール・エリート・レスリングに向かっているという確証はありません。


このレポートによると、ブライアンは同社が最近まとめた2021年〜2022年のライセンスとマーチャンダイジングのタレント計画のリストには含まれていません。またファンに人気のあるブライアンは、今後マテルのアクションフィギュアのリリースにも予定されていません。

Wrestling News.co

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!