国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年7月29日木曜日

AEW:PPV 「All out」でジョン・モクスリーは新日本のトップレスラーと対戦か、トニー・カーンは了承済み

0 件のコメント :


 

ジョン・モクスリーは、AEWの次のペイパービュー・イベントでNJPWレスラーと対戦する可能性があるようです。


デイブ・メルツァーは今日のレスリング・オブザーバー・ラジオで、モクスリーは最近AEW社長のトニー・カーンとNJPWのトップレスラーとの試合のアイデアについて話していて、カーンはそれを気に入ったとコメントしています。メルツァーはそれがオール・アウトのためのものだと考えていますが、それは確認されていません。


"私が知っているのは、かなり最近、午前4時にジョン・モクスリーがトニー・カーンと議論したことです。彼は、9月5日のペイパービューで行われると思われる試合のアイデアを持っていました。トニー・カーンはそのアイデアを気に入った。それが新日本のトップレスラーであることは知っていた。それが誰なのか名前は知りませんでしたが、その話は知っています」。


これは、棚橋弘至が水曜日のAEWダイナマイトに出演し、8月14日のロサンゼルスでのリサージェンス公演でのランス・アーチャーとのIWGPユナイテッド・ステーツ選手権戦を宣伝したのと同じ時期のことです。


メルツァーは、棚橋と鈴木みのるのどちらかになる可能性があると推測していましたが、棚橋がアーチャーと王座をかけて対戦することが決まっているので、棚橋になりそうです。


また水曜日のDynamiteでは、モクスリーがプロモ・セグメントで棚橋に言及し、棚橋が何ヶ月も彼を避けていたことを話していました。モクスリーはプロモの最後に、禁断の扉が開いていても、その向こう側には良いものは待っていないと述べています。


Wrestling News.co

0 件のコメント :

コメントを投稿