国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年7月2日金曜日

Impact:エディ・エドワーズ、虫垂炎で戦線離脱。夏に予定されていたケニー・オメガとのタイトルマッチは未定に

0 件のコメント :


 

インパクト・レスリングのスター選手であるエディ・エドワーズは、5月下旬に虫垂炎を患い、その手術を受けていました。


一般的に医師は、身体活動に復帰できるようになるまで、約3ヶ月の期間を設けています。


スポーツ・イラストレイテッド誌のインタビューに応じたエドワーズは、その状況を詳しく説明してくれました。


彼はまず、「大げさにしたくない」と指摘し、腹痛のように感じたので寝過ごそうとしました。しかし、痛みはどんどん強くなっていった。腹痛で病院に行くのは馬鹿げていると思ったが、何人かのレスラーが彼の様子を見て、検査に行くことを勧めてくれた。


「痛みはどんどんひどくなっていった」とエドワーズは言う。「医者に診てもらったら、すぐに虫垂炎だとわかったんだ。それで手術をして、一晩入院しました。私はすぐにでも飛行機で帰りたかったのですが、トミーは手術後すぐに飛行機に乗るべきではないと考えました。インパクトはホテルでの滞在を6日間延長し、その1週間後に飛行機で帰国しました。私はジムに戻ってきて、今はもう大丈夫です。


今年の夏には、インパクト・レスリングのヘビー級チャンピオン、ケニー・オメガとのタイトルマッチが予定されていたようです。今回の手術により、その計画は当分の間中止となりました。


最近の試合では、エドワーズはデビッド・フィンレー、ジュース・ロビンソンと組んで6人タッグマッチを行い、アンダー・シージ・スペシャルでオメガ、ドク・ギャローズ、カール・アンダーソンを破りました。


Wrestling News.co

0 件のコメント :

コメントを投稿