国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年7月28日水曜日

AEW:ジム・ロスに対する批判へコーディー・ローデスが擁護

0 件のコメント :

 


ジム・ロスは、プロレス史上最も偉大なコメンテーターの一人であり、多くの人が彼のWWEの実況を見て育ってきました。


しかし、AEWでの実況を担当している彼が、テレビでミスをすることがあり、様々なファンから批判されています。


これは、コーディローデスが雑誌「Inside The Ropes」の11号でケニー・マッキントッシュと対談した際に語ったものです。


ローデスはまず、ロスが番組の中で最も重要な人物の一人であることを指摘し、彼を史上最も多作なプロレス時代の一部と見なしています。


「彼はそれを作るのを手伝った。彼はそれを構築するのに貢献した。彼がネット上でどれだけ非難されているか、いつも驚いているよ。彼は、船に乗って、我々に参加して、このチャンスをものにしようと決めた年配の男だ。つまり、彼はおそらくここでジャージを引退することになるだろうし、他の場所ではレガシーと一生の仕事があったのに、この大きなチャンス、大きなギャンブルをしたのだ。また、彼が非難されるかもしれませんが、彼がエクスカリバーの隣に座っているということは、そのような二面性を持っているということなのです」。


彼は、ロスが歴史、ストーリー、根性、暴力にこだわるように、エクスカリバーはロスが知らないような技やレスラーについての知識を持っていると指摘した。同時に、彼らはトニー・スキャボンと一緒にアクションをコールしており、ローデスは彼がすべてをまとめる接着剤だと考えています。


ローデス氏は、二項対立がポイントであり、もし現代のコメンテーターばかりだったら、番組がどのように聞こえるかわからないと述べています。AEWにはロスの音が必要だと思っているそうです。


ローデスは次に8月4日放送のDynamiteでマラカイ・ブラック(別名アレイスター・ブラック)と対戦します。


Wrestling News.co

0 件のコメント :

コメントを投稿