国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年7月25日日曜日

AEW:マラカイ・ブラックが語るプロレスのキャリア、AEWへの移籍「正直に言います。リリースされた日に、AEWが頭に浮かんだんだ。」

0 件のコメント :

 


元WWEスターのマラカイ・ブラックは、Wrestling Perspectiveポッドキャストでインタビューを受け、AEWへのジャンプ、WWE、オランダでプロレスファンとして育った事、屋根から放り投げられた事などについて話しました。


ここではそのハイライトを紹介します。


ブラックは、キャリアの現段階でお金と創造的自由のどちらが重要かと聞かれました。


"創造の自由。私はお金には興味がありません。今まで一度もありませんでした。昔からお金の使い方は上手でした。両親を退職させることができました。 弟の家のことも手伝うことができました。両親のために、両親と一緒に貯金をする。快適に暮らせると判断できるだけのお金をつぎ込んできました。私はお金をあまり使わない。今まで一度もありません。私の場合、特にクリエイティブな活動にはお金を使いません。もしお金のためだったら、どんなことにもイエス、アーメンと言っていたでしょう。それが最終的に、ある意味では出発の大きなきっかけになったと思います。

なぜなら、自分がやろうとすることは限られているからです。もしあなたのメンタリティが、「これが最後のチャンスだ、うまくいかないなら他のことをやる」というものであれば、それはそれでいいと思います。お金がすべてではありません。快適なのか?もちろんです。でも、結局のところ、私たちには支払わなければならない請求書があるのと同じです。 結局のところ、私は自分の子供を大学に通わせたいのです。残りの人生の一部を心配する必要がないようにしたいのです。家のローンやその他諸々のことはもちろんですが、それよりも大切なのは、自分がクリエイティブにできることをすべてやりきったという安心感を持って、このビジネスから引退したいということです。

たとえすべてが崩壊しても、雷が鳴っても、どこにも行けなくても、私は他人の剣ではなく自分の剣で死にたいのです。 私にとっては、お金よりも創造的な自由の方がずっと重要なのです」。


ブラックは、AEWとの契約を決断した理由を聞かれました。


"正直に言います。リリースされた日に、AEWが頭に浮かんだんだ。そこにはたくさんの友人がいました。ジョン(ブロディ・リー)との最後の会話のひとつで、彼は『君はここを気に入るだろう。 君はここが好きになるだろう。ここではとても楽しいだろう』と言っていました。 彼とはたまに話をすることがあったので、その言葉がいつも心に残っています。 私は確かにとても悔しい思いをしたことがありましたが、彼も同じような経験をしたと思うので、そのことを何度か彼に話して、どれだけ素晴らしい気分になったか、どれだけ安心したかを話しました。 その話がとても心に残っています。 

は釈放されたので、実は初日からそのように考えていました。さまざまな企業から複数のオファーがあり、会話もありました。その中で、将来的には新日本という会社に出たいと思っています。そうすれば、私のサークルは完成します。それが私の育った環境です。私はいつも日本に行きたいと思っていました。新日本に行きたいと思っていました。それは常に私の究極の目標の一つであり、私のチェックリストの最後のいくつかのものの一つが新日本なのです。いずれそのうちに、何とかして、将来的に実現できることを期待しましょう。私は何か意味のあるものを持ちたいと思っており、AEWはそれができる会社だと感じました。

私は重要でありたい。私は何かを意味したいのです。このことを振り返って、「私は何か一つ正しいことをした」と言いたい。少なくとも1つは正しいことをしたんだ』と。少なくとも一人は、『トミー、お前のおかげで、俺はレスラーになったんだ、お前がプロモで座っている姿、ヴィネットでやったこと、試合でやったこと、それが俺を変えたんだ』と言ってくれるだろう」と語った。

ブラックは、「NXTチャンピオンになることを事前に知っていたか」と聞かれました。

"そうなることはわかっていた。テリー・テイラーが『いいか、お前を男にするのが今の俺の仕事だ。君が男になるということがどういうことなのか、精神的に理解してもらうために話をしなければならない』と言っていました。私はいつもNXTタイトルを少し苦い思いで振り返っています。というのも、変に聞こえるかもしれませんが、ジョニーとトマソの抗争があまりにも熱かったので、適切な時期ではなかったと感じていたからなのです。私は、彼らの抗争を通過して、それから電話をかけることができるレベルの私への興味が常にあったと感じました。 最終的には決断が下されました。 

私はチャンピオンになった。 ラース・サリバンと試合をしました。 いろいろな理由で、この試合はまったく気に入らなかった。 その後、私はトマソに敗れましたが、私はいつも自分が交換可能なチャンピオンであると感じていました。 商品では、私はとてもうまくいきました。 とても人気がありました。 マーチャンダイジングではとてもうまくいきました。 それが、私がチャンピオンになった理由のひとつだといつも思っています。 確かに、人気のレベル、技術、プレゼンテーションなど、すべての要素が揃っていましたが、ジョニーとトマソがやっていたことは、私にとってももっと重要だと感じていました。 それはベルトを超えているように感じましたし、彼らがメインイベントを務めていたので明らかにそうでした。 そのために一生懸命働いていた彼らには感謝しています。 私はこの2人から何かを奪うことはありません。 この2人は、私の最大の支持者であり、対戦相手でもありました。 二人には愛情と尊敬の念を抱いています。 

会社の立場からすると、彼らから始まって、私をループさせればよかったのに、といつも思っています。 そうすればもっと良くなると思っていました。 しかし、それはそれです。 私はNXTのチャンピオンであったことを誇りを持って振り返っています。 ブランドの代表として、会社の代表として選ばれたことは名誉なことだと思っていました。 世界は私がチャンピオンになるのに十分な準備ができていました。 それはとてもクールなことだと思いました。 怪我をする前の計画では、私が再びベルトを獲得することになっていました。 それは、私とトマソの間で行われ、トマソがそれを手にしたことで、私の精神的な支えになっていると思います。 

その後、どうやら私とジョニーの間でしばらく続いた後、3ウェイにループして私が再びベルトを奪い返すことになりました。 その後、私とジョニーというループになったのではないでしょうか。 当時の考えでは、ジョニーが私からベルトを奪うことになっていたと思います。 そして、トマッソーとジョニーの間に入って、私を排除するというものです。 そんな感じですが、完全に断定はできません。 それは、ひとつのアイデアでもありました。 ベルトを3人で挟んでドーシードーをする予定だったんだ。 

しかし、私が怪我をしてしまったために、私とジョニーという組み合わせになり、その後、私とトマソという組み合わせになり、トマソが私の足を攻撃するという、私が最も好きな試合をしました。 レスリングの観点から見ると、あれは私の最もスマートな試合のひとつだと今でも思っています。 その後、私は招集されました。 レイダーズとのタッグマッチは、私の好きな試合のトップ5に入るでしょうね。 あの試合は大好きです。 私とトレバー、そしてリコシェは、RAW、SmackDown、NXT、すべてのライブイベント、そしてすべてのPPVをこなしていました。 

私たちには1日の休みがありました。 私はそれが大好きでした。 帰宅して、洗濯をして、ジムに行って、Trevorにメールを送って、自転車で帰ってきました。 とてもシャープな気分でした。 この時点では、何を投げてもうまくいくと思っていました。 トレバーも同じです。 彼は今でもそうしていると思います。 彼は驚異的なアスリートだと思います。 私と彼は、わずかな時間でしたが、なぜかタッグチームとして機能していました。 マニアの前にテイクオーバーをしたときは、今までレスリングのリングで感じたことのないような心地よさがありました。 あのリングの上で人生の時間を過ごしたことを覚えています。 ほぼ週に2~3日、1万3千~1万6千人の観客の前で試合をしていたので、何も気になりませんでした。 ただ、ひたすら続けていました。 リバイバルとの試合では素晴らしい試合ができました。 気分は最高でした。 鋭気を養っていたので、その試合をしたときには、とても快適に感じました。 次の日の夜にはレッスルマニアがありましたが、私は何の緊張もしませんでした。 レスラーやアスリートにとって、そのようなレベルの心地よさは、仕事にも表れるものだと思います。 この3ヶ月間は、あの会社で一番好きな3ヶ月間だよ。"


0 件のコメント :

コメントを投稿