WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

ROH:COOジョー・コフがPPVや新日本、CMLLについて語る「誰もが自分のビジネスモデルを持っています。誰もが自分のビジネスプランを持っています。」

 



ROH COOのジョー・コフは、ジェイソン・パウエルの "Pro Wrestling Boom "ポッドキャストでインタビューを受け、ROHの "Best in the World "ペイパービューについて話しました。コフはファンが集まった事や、パンデミックにどう対処したかなどについても話しました。


ここでは、そのハイライトをご紹介します。


コフは、CMLLと新日本プロレスの関係について聞かれました。


「まず第一に、CMLLは誰もプロレスをしていません。 誰も前後に移動していない。 レスラーがいることはわかっていても、実際の交流はありません。 新日本は、アメリカでの競争相手であること以外は問題ない。 リング・オブ・オナーがアメリカのプロレスへの入り口だった頃とは違いますからね。 彼らは今、プロモーションとして機能しています。 彼らはアメリカにいます。 彼らは私たちのライバルのようなものです。 彼らは、流通の面では劣っています。 私たちのような規模ではありません。 これらは有機的に起こることだと思います。 私たちは新日本のレスラーを使ったことがあります。 ロッキー・ロメロもショーに出演しています。 とても友好的な関係を築いていますが、正直なところ、大きなショーが再開されるまでは、いつものように5月に新日本とツアーを行う予定でした。 コビットがすべてを中止した以外は、何も変わっていません。 日本でプロレスをやっているのは知っているが、新聞を見るたびに日本では問題が増えている。 彼らにとってどれほど楽なことなのか、私にはわかりません。 私は常に自分たちのプロモーションのことを考えており、自分たちのプロモーションにとって何がベストなのかを考えていますが、他のプロモーションと一緒に仕事をすることには満足しています。 しかし、CMLLと新日本との間に存在していた正式な協力関係に関しては、解消されていません。 ただ、彼らには何の活動もありませんでした」。


コフ氏は、AEW/Impact/新日本との提携についての話し合いはあったかと聞かれました。


「いいえ、ありません。この3つのつながりを見れば、それが何であるかは、かなり簡単にわかります。すべての関係者にとって有効なのです。誰もが自分のビジネスモデルを持っています。誰もが自分のビジネスプランを持っています。AEWはRing of Honorから生まれ、素晴らしい仕事をしてきたことは言うまでもありません。彼らは我々のために働いていた時、私のために素晴らしい仕事をしてくれましたし、彼らのためにも素晴らしい仕事をしてくれています。 良いことしか言わない"


コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について