国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年7月24日土曜日

AEW:ダニエル・ブライアンは移籍を数ヶ月前から検討していた?

0 件のコメント :


 

ブライアン・ダニエルソン(ダニエル・ブライアン)は、少なくとも数ヶ月前からAEWへの移籍を検討していましたが、それ以上の期間はありませんでした。


レスリング・オブザーバー・フォーラムの投稿で、デイブ・メルツァーは、AEWとの交渉は数ヶ月前にさかのぼるが、ブライアンは新日本プロレスで働けるかどうかがほとんどだったので、どこに行くのか分からなかったと話しています。NJPWの側面は、数ヶ月前にレスリング・オブザーバー・ニュースレターでも報道されていました。


メルツァーは、WWE社長のニック・カーンとの話し合いがどうなるか分からない(ブライアンも分からない)ので、ブライアンは基本的にWWEに残るか他に行くかを決める前に待っていると話していました。


メルツァーはメンバーの投稿に対して次のように言っています、「ニック・カーンの話し合いがどうなるか分からなかったので、私は何も考えていませんでした。誰も考えていなかった。ダニエルソンは何も考えていなかった。彼にアイデアがなかったら、私にアイデアがあるわけがありません。NJPWとの契約を獲得した者が彼を獲得するだろうという非常に良い考えを持っていましたが、それでも100%分かっていたわけではありません。これは最初から何度も何度も詳しく説明していることです。割合の問題ではありません。誰がNJPWとの契約を獲得するかが90%で、彼が関係なく決めるかもしれないのが10%だったんだ」。


メルツァーは、ブライアンに関しては、"何ヶ月も前から真剣な話し合いが行われていた "と付け加えました。


レッスルマニアの前に、ブライアンはすでにWWEを離れる可能性が高いことを知っていたかもしれません。4月、ブライアンはBT Sportに、レッスルマニアのメインイベントのリングに上がる前に、自分が切り離されたように感じたと語りました。


ブライアンは、「これは奇妙なことだ、僕はそこにいて、自分が切り離されたように感じた。試合が始まる前に、『いやあ、これが死ぬ前の状態なのか』という奇妙な感覚に襲われたほどだ。私は死ぬのか?はぁ、まぁ、いいか』。なぜ、どのように起こったのかはわからないが、プロレスをしているときに感じたことのない感覚だった。"


同じインタビューの中で、ブライアンは、契約が切れることと、自分の人生で何をしたいのかを考えていることについて話しています。


0 件のコメント :

コメントを投稿