ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

AEW:AEW vs IMPACT!?急転直下のタッグ世界最高峰戦は実現可能か

元WWEスーパースターで現在、AEWに所属するFTR(ダックス・ハーウッド、キャッシュ・ウィーラー)とIMPACTのThe North(イーサン・ペイジ、ジョシュ・アレキサンダー)はビッグ・インタープロモーションによるタッグマッチで対決したいと考えており、IMPACTの共同副社長スコット・ダモアは実現を叶えたいと考えています。


ハーウッドが水曜日に開催された12人マッチから自分が攻撃を加え、ウィーラーと連携を決める動画クリップにコメントを加え、このシーケンスが自分とウィーラーを偉大なタッグチームにしていると述べました。

「これが俺たちと偉大なタッグチームにしている理由だ。派手なダブルチームではない。30秒のシーケンスではない。タッチワークを駆使し、パートナーを使い、常にお互いの居場所を把握し、公使する。それだけだ。温故知新だ。」と彼は書きました。

これに対し、ペイジはこう返しました。


「俺たちが共に仕事をする必要がある理由はこれだ………早急に」

ダックスも同意し、それをじつげんするためには上司と話す必要がある、と返しています。


IMPACT共同副社長、スコット・ダモアはこのやり取りに対して、支持、両チームのシリーズ戦を提案するため、AEWのクリス・ジェリコをタグ付けして、どうやって実現するかを尋ねました。


「ダックス、俺とお前がFTRに狂ったほどの敬意を持っている事は分かっているだろう。IMPACTはそれを実現させることをサポートできると断言出来る。FTRとTheNorthのホーム&ホームシリーズはどうだろうか、レ・チャンピオン クリス・ジェリコ……どうやって実現させる?」


ウィーラーは元ツイートに反応し、IMPACTならGood Brothers(ルーク・ギャローズ、カール・アンダーソン)も数に入ると宣言しています。これに対し、ダモアは、契約関係を尊重するが、あなた方の上司がテーブルにつくなら実現しましょう、と返しました。

 このAEW vs IMPACTの試合が実現可能かどうかはまだ不明ですが、両プロモーションに取っては有益なものになるかもしれません。FTRは4月にWWEを解雇され、今年の5月にAEWでデビューをしています。The Northは先日、モーターシティーマシンガンズにインパクトタッグ王座を失ったばかりですが、380日間という長きに渡り、タッグ王座を防衛し続けた歴史的な記録を保持しています。

 

Wrestling Inc

 

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!