国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2020年8月9日日曜日

AEW:現在、鋭意製作中のAEWビデオゲームについてケニーが語る

0 件のコメント :

 

 ケニー・オメガがVENN.TVでのインタビューで現在、鋭意製作中と噂されるAEWのビデオゲームについて答えました。

 

 「まだ公式には発表できないけどね、自分の責任の上で言うと、現在鋭意製作中。この新しいビデオゲームの制作にたくさんのクリエイティブを利用しています。みんな、好きになると思うし、ファンのみんなが期待している事が実際に実現すると思うよ。」

 

ケニーは、それがかつてのWWEノー・マーシー、レッスルマニア2000のようなものになることを望んでいます。


「昔のノー・マーシーゲームのようなものを、新しいものにしたいんだ。レッスルマニア2000、ノー・マーシー、ヴァーチャルプロレスリングが好きだった人は、過去のゲームと同じ感覚、楽しさ、ピックアップ、プレイ能力を再現したいと思っています。楽しみにしてください。近い将来に何かをお届け出来るよう、鋭意制作中だよ。」


CBR.comのインタビューでより詳細について語られています。


「自分の好きなレスラーを操作しているような、あるいは、自分のキャラクターを操作しているような、リングにいるような感覚が必要だと思います。ただ動きが遅いシュミレーションというよりは,自分の好きなレスラーを操作しているような感覚が必要です。非常にシンプルなシステムで、ピックアップしてプレイ出来るようにしてほしい、ただ動きや構造はメリハリをつけて、プロレスの試合のようなキャラクターの動きがある試合ができるような、奥深い可能性を秘めたものにしたいですね」


「でも、最終的にはゲームは楽しくなければいけません。自分の好きなキャラを使って、そのキャラの動きを全部屋って、相手をやっつけるゲームが欲しいです。でも、ゲームをしない友人を誘っても、簡単な説明でコントローラーを手に取って、自分の動きや運命を自分でコントロールしている感覚になってもらいたいんだ。」

「文字通りの言葉を鵜呑みにして、ゲームがどんなものかを決めつけて欲しくない。『ストリートファイター』のような格闘ゲームでは、トップレベルでプレイするには非常に難しい参入障壁があると思っています。ほぼ不可能です。ストリートファイターのような奴になって、それをすることは出来ない。かなりの練習時間と研磨が必要なんだ。フレームやアドバンテージなどを計算するためには、その場で数学の魔術師のようにならなければいけない。」

「好きなレスラーや最新作のコントロールを任された時に、自分のやりたい動きをするのは難しくないと感じて欲しい。自分のやりたいように演技が出来ると感じて欲しいんだ。」


制作には、ケニーだけではなく、コーディ・ローデス、レフェリーのオーブリー・エドワーズも加わっているようです。


SESCOOPS

 

 

 

0 件のコメント :

コメントを投稿