WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

AEW:ブロディ・リー「ワイアット・ファミリーの3人が同じ週末にメジャータイトルを争うのは素晴らしい」

 

ブロディ・リーは今週土曜日のDynamiteでTNT選手権を行いコーディ・ローデスに挑戦し、きっかけを提供しようとしています。


リーは3月にAEWでデビュー、"The Exalted One"としてダークオーダーのリーダーというキャラクターを表しました。5月のPPV"Double or Nothing"でモクスリーの持つAEW王座に挑戦をしましたが、この試みは失敗しました。

損失は壊滅的ではありませんでしたが、認識と現実はプロレスでは遠い親戚です。リーはエントランスランプでモクスリーのパラダイムシフトを食らい、血塗られたリングに戻るとモクスリーに締め上げられ窒息、レフェリーストップによって試合は終了しました。

しかし、次々と新たな事が起こるビジネスの中では、敗北の度にモンスターはオーラの一部を失っていきます。次に何が起こるのかという疑念がリーを襲い、モクスリーとの試合で受けた切り傷やアザよりも遥かに長く彼に固執し続けていました。

 

「モクスリー戦の後、自分を疑っていた。世界タイトル戦での敗北は今までの経験した事の無い現実だった。」

「FTRのダックス・ハーウッドがバックステージで特別な事を言ってくれた。"自信喪失のブロディは必要ない"、"ケツを蹴って生意気なブロディが必要だ"って。彼の言う通りだ、それが手に入れるべき物だ。コーディには後から謝ろう」

 

この土曜日のコーディとの試合は、二人の元WWEスーパースターの戦いとして見られる可能性があります。彼はレッスルマニア31の開幕、インターコンチネンタルタイトルマッチでの成功にモクスリーやコーディと共に絡んでいました。現在、40歳のジョン・フーバーはブロディ・リーとして自分自身の異なる側面を披露することを示しています。 

 

「ここは俺が入りたい場所だ。ケータリングに戻って座っているのではなく、誰かのケツを蹴り飛ばしたい。そこにコーディがやってきた。俺は自分のマークをつけに来た。俺がAEWに所属していることを示すための重要な試合なんだ。」

「モクスリーは俺の事をよく知っていて、今までとは違うレベルの暴力を覚悟していた。コーディが準備が出来ているかどうかは分からない。今週の土曜日に見せてやる。」

 

元WWEではルーク・ハーパーとして知られるリーは、ワイアットファミリーでの活動で知られます。グループの他のメンバー、ブレイ・ワイアットとブラウン・ストローマンはWWEのPPV"SummerSlam"でこの日曜日に試合をします。


「ワイアットファミリーの3人のメンバーが同じ週末にメジャー企業でメジャータイトルを争っている事は本当に素晴らしい事だと思う。」

 

ストローマンが最近のインタビューでリーへの賛辞を見せた事にも返します。

 

「ブラウンがインタビューで俺を褒めてくれたのは喜ばしい事だが、ブラウンは実際に自分を助けてくれた人にもっと良い事を言ったらいいだろう」

 

リーの焦点はAEWでの将来を見ていますが、WWEで構築されたキャリアに誇りを持っています。彼は過去の自分のキャリアを組み込む際に、ベテランであるクリス・ジェリコに頼りました。

 

「俺はこのキャラクターを人々が出来ると思ったことがないものに変えた。俺に出来ると思ったことがないものにだ。AEWでどのように変わっていきたいかを決める時に、ジェリコと多くの話をした。WWEでのキャリアが存在しなかったように振る舞うべきかどうかを尋ねたが『ファンはお前が誰であるか、お前が何をしてきたか、お前が誰と仕事をしてきたかを知っている』と言われた。」

「彼の言う通りだ、だからここに来てワイアットファミリーが特別な存在だったことを否定する事は、俺には出来ないし、しないだろう。この週末を見てみろ、俺たちが今でも成し遂げている事は素晴らしい。」


リーはダーク・オーダーという未開拓の可能性を秘めた派閥を着々と作り上げてきました。

 

「順調に進んでいる事には満足しているが、今の状況やスタート地点には満足していない。俺たちはダーク・オーダーのあるべき姿を失ってしまった。皆が戻って来て、自分達の可能性を内部的に学び始めている。ルチャ・ブラザーズ、ベストフレンズ、エリート、誰とでも一緒に仕事ができるし、それを見せてやるんだ」

 

今週のDynamiteはNBAプレーオフとの競合のために、通常の水曜日から放送日時を変更されましたが、NBAのゲームが重なった場合に変更もありえます。WWEのNXTTakeOver XXXも重なる可能性があり、リーを興奮させています。

 

「NBAの後、8月の土曜日の夜に視聴率を維持するためにプレッシャーがかかっているのはすごくクールだ。俺たちは巨大なショーにする必要があり、俺はその大部分を担っている。だからこそ、ここに来たんだ。これは俺のキャリアに大きな影響を与える特別な瞬間になるだろう。最高の舞台、プレッシャーがかかっている。土曜日はプロレスを見るには、最高の時間になるだろう。」

 

Sports Illustrated

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!