ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

NEWS:テッサ・ブランチャード帰還!カイリーレイと女子タイトル防衛へ

テッサ・ブランチャードは今週土曜日、数ヶ月ぶりにリングで試合をすることが発表されました。自身の保持するWarrior Wrestlingの女子タイトルをかけて、現在IMPACTに所属するカイリー・レイと防衛戦を行います。

テッサは、6月にIMPACTとの関係を解消し、彼女の持つインパクト世界王座は剥奪されました。パンデミック発生以降、テーピングに登場せず、婚約者のダガと暮らすメキシコから必要なプロモを送らなかった、と言われています。

インパクト離脱時にはWWEなどの他のプロモーションが彼女との契約に興味を持っていると報じられましたが、同時にSpeakingOutの流れで数多くの女子選手から過去の発言、いじめなどの告発を受けています。その舞台の一つは来日中のスターダムで発生していたとも言われています。

サミ・キャラハンとのインタージェンダーマッチで、男女の垣根を越えた熱戦を見せる一方、バックステージでの問題行動も度々報告されており、フリーランスとなった彼女がどのような選択をするかは注目が集まっています。


WrestlingNews.Co

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!