国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2020年9月7日月曜日

WWE:サードパーティー禁止に対し、ペイジが反抗の模様

0 件のコメント :

既知の通り、WWEはタレントに対し、Twitchなどのサードパーティーサービスの利用を禁止する通達を出しました。様々な憶測を呼んでいますが、ペイジは昨日の彼女のストリームで自身のTwitchアカウントに対し、いくつかの変更を行うことを宣言しました。

Twitchアカウントは既に「OfficialPaigeWWE」から「SarayaOfficial」にチャンネル名を変更、グラフィックも変更される予定となっています。

 

「みんなが知っているように、これは全て現行されることになっています。Saraya-私の本名に変更されます。私達のTwitchを無くすつもりはないわ、私達はここに残るの。どこにも行かない。Twitchは私達の家です。私はTwitchの女王だから、私のストリームを無くす事はありえない。私達はここいます。みんな、私が持っている、サラヤだよ、サラヤに変更します。理解してくれてありがとう。サラヤに慣れるには少し変な感じになると思いますが、それはそれでいいんです。」

 

WWEは声明として、パフォーマーのステージ名に投資をしており、契約書の文言に関わらず、当社の成功のためには最大の資産を保護し、個人レベルではなく、全社的に第三者とのパートナーシップを確立することが不可欠であり、その結果、関係者全員により多くの価値を提供することになります、と述べています。

これはF4WOnlineが報じており、WWEのシニアディレクターでタレントリージョンズのマーク・カラノからタレントへWWEが実名の権利を所有していることをタレントに伝えたと言われています。これが事実である場合、単純な名前の変更だけでは問題が発生する可能性があります。

WWEは期日までに行動しない場合、契約の解除、罰則を宣言しています。

 

WrestlingInc

 

0 件のコメント :

コメントを投稿