WWE:ビンス・マクマホンの復帰、デラウェア州の株主が集団訴訟を提案、無効で不公平な規約改定を行い取締役会の決定を妨害、規約変更の無効を訴え。数千人の株主が原告になる可能性??


ビンス・マクマホンがWWEの取締役会に復帰したことで、デラウェア州の株主の1人から集団訴訟が提案されました。


ブルームバーグの報道によると、Vince McMahonは株主のScott A.Fellowsから訴えられています。裁判文書によると、Fellowsは、マクマホンが権力を乱用してWWEと取締役会に 「自分の意思を押し付ける」 ために 「無効で不公平な規約改正」 を行い、取締役会が重要な決定を行うことを 「妨害」 したとして訴えています。また、集団訴訟には数千人の株主が含まれる可能性があるとしています。原告は、規約変更の無効を含む救済を求めています。


文書によると、マクマホンは会社の総議決権の約81%を支配しています。1月6日金曜日、マクマホンは正式に取締役会に復帰しました。この文書に含まれているプレスリリースでは、彼の復帰は、今後のメディア権利交渉を支援するためであり、パートナー候補が話し、大株主の支持を得ることを知っていると述べています。


訴訟では、マクマホンの復帰に関して次のように述べています。

 

2022年12月下旬、マクマホンは取締役会に対し、会長職に復帰するよう書面で要求した。マクマホンは、自分がエグゼクティブチェアマンとして戦略的レビュープロセスを指導すること、さもなければ会社を人質に取ることを主張した。彼は、自分が主導しなかったプロセスに干渉し、支援や承認を差し控えると主張した。マクマホンはさらに、期限切れとなるWWEのメディア権利契約を尊重するいかなる交渉も支持しないと脅した。WWEのメディア権は同社の生命線である。メディア権利協定は2024年に期限切れとなり、2023年初頭に再交渉が予定されていた


書面による同意により、マクマホンは取締役会を妨害し、取締役会が会社の最も重要な資産のいくつかを尊重する重要な時間的制約のある決定を行うことを阻止しようとしている。彼はまた、それを阻止する力と称するものを活用して、自身を取締役会長に再任した。


マクマホンは、彼が行使すると主張した力を欠いている。デラウェア州一般会社法 ( 「DGCL」 ) 第141条 (a) は、会社の事業と業務に関して重要な決定をする取締役会の権限の不可侵を認めている。理事は、受託者としての義務を果断に履行する義務を負う。



ブルームバーグによると、マクマホンとWWEの広報担当者に水曜日のコメントを求めたが、すぐには回答を得られませんでした。2023年1月10日火曜日、Vince McMahonは全会一致で取締役会長に選出されました。同時に、ステファニー・マクマホンはWWEの共同CEOを辞任しました。

Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???