PWG:BOLA2023覇者"スピードボール"マイク・ベイリーが大会を回顧「PWGはスターになるための場所です。彼らの歴史を見れば、世界最高のレスラーが揃っています。」


 

「スピードボール」 マイク・ベイリーがバトル・オブ・ロサンゼルスの優勝を振り返りました。


マイク・ベイリーはバトル・オブ・ロサンゼルスの最新の勝者です。リコシェやアダム・コールなど、同大会で優勝した現代のスーパースターのリストに彼の名前を加えました。


ベイリーはスポーツ・イラストレイテッドのインタビューで、自身の勝利とPWGがレスラーをスターにするのに役立つと感じていることを振り返った。


「PWGはスターになるための場所です。彼らの歴史を見れば、世界最高のレスラーが揃っています。完全にこの世のものとは思えない才能だ。今年の 「BOLA」 で一番気に入ったのは、競い合う人たちの多様性です。舞台裏では、非常に多くの言語が話されていたため、非常に混乱した。バンディードと日本語を話すようになったのは、私たちが混ざっていたからです」。


このトーナメントで優勝するために、ベイリーはいくつかの異なるプロモーションから4人を倒さなければならなかった。ジョーダン・グレイス、シュン・スカイウォーカー、ブライアン・キース、竹下幸之介らが 「スピードボール」 を前に陥落しました。マイクは初戦の後、ジョーダン・グレイスとの試合を振り返って、勝算は難しく、勝つという考えは手の届かないものだと感じたと語った。


「ジョーダン・グレイスと15分以上試合をした後、「これをあと3つも?」と思った。その瞬間、乗り越えられないと感じました。まるで、テコンドーの大会に出場した時のようでした。午前9時に出発し、一日中そこにいて、試合と試合の間にどのくらいの時間があるかわからなかった。」


「私にとって一番辛いのは、いつも涼しくなることです。幸運なことに、準決勝の試合から決勝まであまり時間がなかった。セミの前は涼んで休んでリラックスしていましたが、その後はウォームアップして、最初の2試合のダメージを全部感じることができました。だから、アドレナリンを維持する必要があるので、一秒たりとも冷静になったり集中力を失ったりすることはできないとわかっていた。」。


最後はベイリーがAEWの竹下幸之助を下した。ベイリーはこの試合を振り返って、 「まだ試合の一番難しい部分が来ていないのに、その瞬間は現実離れしていた」 と振り返った。


「決勝戦終了直前、外に出て、最後のスプリングボードムーンサルトを竹下に放ったとき、大きな安堵感を覚えています。私たちにはまだ最も困難な部分が残っていましたが、私はただ非現実的に感じました。本当にすごい気持ちでした」


Fightful



コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???