ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

WWE:サーシャ・バンクス、WWEやビンス・マクマホンへの感謝をツイート

 


サーシャ・バンクスは火曜日の午後、ツイッターでWWEやビンス・マクマホンなどに感謝の意を表しました。



「ありがとう、WWE」と、バンクスはツイッターに記しました。続けて、ウィリアム・リーガル、トリプルH、WWEユニバース、"#Krew"、ビンス・マクマホン、サーシャ・バンクスに感謝の意を表しました


水曜日の朝に行われるWrestle Kingdom 17のイベントを前に、サーシャが日本に来ています。バンクスは新日本プロレスと複数の日程で契約を結んだと報じられており、スターダムの日程も1つ含まれています。サーシャは2023年初めにフリーエージェントになると予想されていました。


5月に行われたWWE Rawのライブ版に先立って両者が退場した後、ナオミと共にバンクスもWWEから無期限出場停止処分を受けました。その結果、WWE女子タッグチームのタイトルを剥奪されました。7月の体制変更後、バンクスは復帰に向けてWWEと交渉したが、金銭面で大きく隔たりがあったと報じられています。


サーシャはここ数カ月の間に 「Mone'Banks」 、 「Bank Mone」 、 「Mercedes Mone」 、 「Mone'Talks」 、 「Statement Maker」 の商標を申請しています。


コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!