AEW:Dynamiteでのジェイ・ブリスコへの反応はワーナーメディアへの意向を含んでいた模様、放送後のトリビュートショーはROH解説陣を緊急招集して対応した


 

火曜日の夜、ジェイ・ブリスコの悲劇的な死を受けて、AEWとROHオーナーのトニー・カーンは、適切なトリビュートショーを行うためのブレインストーミングを始めました。しかし、PWInsiderは、放送パートナーのワーナーメディアが過去にジェイとマーク・ブリスコがAEWの番組に出演することを望んでいなかったため、昨夜のDynamiteでAEWができることは限られていたと認めました。


もしAEWが状況を完全にコントロールできていたら、ジェイ・ブリスコのためにDynamiteでもっと多くのことが行われていただろうと伝えられています。ワーナーメディアは10年前にジェイが同性愛嫌悪的なツイートをしたことで彼に対し乗り気ではなかったが、その後謝罪して反省の意を示し、エフィのようなLGBTQ+のパフォーマーからも尊敬されています。番組には試合が始まるとジェイへのトリビュートのグラフィックが含まれていた;ジェイに言及した腕章をつけたレスラー数人;とレスラーが彼の特徴的な動きをいくつか使用しています。


昨夜のDynamite後のジェイに捧げられたショーは、リング・オブ・オナーの古典的なイベントであり、ブリスコスが何度も戴冠を重ね、ホームと呼ぶプロモーションと同じように設定をされました。ROHの解説者であるイアンとコールマンは、番組の解説をするためにカリフォルニア州フレズノのビルに急送されました。ROHのリングアナウンサーであるボビー・クルーズなども連絡を受けたが、間に合いませんでした。


ジェイ・ブリスコのトリビュートショーは、間もなくWatchROH.comとYouTubeで公開されます。カーンは、ブリスコを祝うのはこれが初めてであるとライブの観客に語ったので、別のトリビュートショーが予定されているようです。


Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???