WWE:WWE売却、ステフとトリプルHは売却の可能性に反対していたとの噂??一方、売却へ向け、財務、法務、戦略的コミュニケーションアドバイザーとして外部専門家を招集。

 


WWE売却の可能性に関する新たな報道です。


Axiosによると、ステファニー・マクマホンとトリプルHはWWEの売却の可能性に反対しました。トリプルHはチーフコンテンツオフィサーであり、Stephanieは火曜日に共同CEOを辞任しました。

現在のところ、WWEが同社を売却するかどうかは不明です。WWEは木曜日の夕方にプレスリリースを発表し、 「戦略的な代替案の検討を支援するために外部アドバイザーを雇った」 と発表し、メディアの権利に関する交渉が近づいていることに言及しました。


WWEは、会社と株主の価値を最大化するための戦略的代案の検討に関連して、WWEの経営陣をサポートするために、財務アドバイザーとしてThe Raine Group, LLC、リーガルアドバイザーとしてKirkland&Ellis LLP、戦略的コミュニケーションアドバイザーとしてAugust LLCと契約することを発表しています。


プレスリリースでは、 「WWEは、プロセスが終了するか、または会社がさらなる開示が適切または必要であると判断するまで、これ以上コメントするつもりはない」 とされています。


ビンス・マクマホンは1月6日に正式に取締役会に復帰し、来るべきメディア権利交渉を主導するために復帰する必要があると主張しました。ヴィンスは同社の支配株主であす。しかし、同時に他の株主から集団訴訟を起こされる可能性が浮上しています。


Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???