WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

TOPICS:1.3女子プロレスニュースとりまとめ、スターダムでトライアングルダービー開幕!Rebel×Enemyがジュリアを撃破!!試合後に鈴季すずが赤のベルト挑戦を表明!!

 


【STARDOM:トライアングルダービー開幕!赤の王者ジュリア敗北も2/4大阪で鈴季すずと一騎打ち!】

ジュリアのアイスリボン退団に際し、様々な思惑が渦巻いた雪妃真矢と顔を合わせることとなったメイン。揃いのコスチュームをまとうRebel×Enemyに敗北するも、マイクを持った赤の王者の前に現れたのは鈴季すず!赤のベルトへの挑戦を表明すると、ジュリアはこれを快諾し、さらにサプライズがあると発言!!

復帰した白川未奈がザイヤ・ブルックサイド、マライア・メイと快勝を納めると、バックステージで敗北した月山和香を呼び寄せ、自分もコズエンでなかなか勝てなかった、中のたむの3月までに勝てなければ追放という言葉も理解が出来るから、一緒に特訓をしようと呼びかけました。



【アイスリボン:3/12高崎「群馬リボン」開催!星いぶきはシングルを勝利!】

メインで柳川澄華と組み、YuuRI、海乃月雫と対戦し、勝利を納めた朝陽が3月12日に地元凱旋となる「群馬リボン」の開催を発表しました。チケットは1/29新木場大会から発売になります。タッグ王者である星いぶきは前回、王座を防衛したもののパートナーである志田から半年間なにをしていたんだと叱責され、3月までの間、シングルで負けたらタッグ返上を言い渡されていましたが、石川奈青との対戦を勝利で終わらせました。

なお、この前日に参戦予定だったアクトレスガールズの青野未来、なるの中止が突如、発表され、アイスリボン側の選手からもTwitterで疑問の声が上がっていました。


【仙女:1/8新宿FACE大会、チーム200キロvs安納サオリ、朱祟花!】

仙女の新年1発目の興行は新宿FACEから、メインではチーム200キロvs安納サオリ、朱祟花!青木真也との壮絶な試合でさらに注目度を集める橋本と連日連夜のEVE王座防衛戦を行う優宇の前に立ちはだかるのは、現ICE×∞王者安納と圧倒的実力者朱祟花!この一戦は、今年の女子プロレスの行方を占うかもしれません。注目は岩田美香vs水波綾。岩田のハードな攻撃は去年1年間で急激に広まった一方、そのさらに先の結果にはまだ手が届いていない状態。アニキの体をぶち抜いて上昇気流を掴めるか。



【プロミネンス:1.9新木場1st、鈴季すずが佐久田俊行と対戦!!】

鈴季すずデスマッチ10番勝負7戦目は佐久田俊行との対戦、ここまでなかなか価値が拾えずに来ているが、Youtubeで瓦割りを経験したすずが一体、どんなファイトを見せるのか。キャリークラッシュマッチと銘打たれた一戦は、高瀬vs藤田vs世羅vs狐伯vs宮崎と完全に世羅包囲網の様相!!WAVEでの志田との一戦も、多くのレスラーが持ち込んだキャリーバッグを投入し、リングの上に築城して見せた世羅の悪行を止めれる人間はいるのだろうか(なお志田の14万円のキャリーは壊れ、17万円の新品が購入された)



【マーベラス:1.8横浜産貿ホール】

















コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明