ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

WWE:AEWはWWE買収のプールに入っている?ウォール・ストリート・ジャーナル姉妹サイトがコムキャスト、UFC所有エンデバー、サウジアラビア公共投資基金と並んで示唆


 

ビンス・マクマホンがWWEへの復帰を目指しているとウォール・ストリート・ジャーナルが報じてから1週間が経ちました。この記事以降、マクマホンは目標を達成し、取締役会に復帰した後、エグゼクティブ・チェアマンの役割を担うようになり、同時にステファニー・マクマホンがWWEの共同CEOを辞任しました。火曜日の夜に噂されていたセールの混乱を加えれば、これ以上正気を失うとは思わないでしょう。


ウォール・ストリート・ジャーナルの姉妹サイトであるBarron'sの新しいレポートは、その可能性を示唆しています。事情に詳しい情報筋はバロンズに対し、AEWはWWEの 「買い手候補のプールに入っている」 と語りました。この情報筋はさらに、AEWオーナー兼CEOのトニー・カーンと父親でジャクソンビル・ジャガーズのオーナーであるシャヒド・カーンは、単独ではWWEを買収しようとしない可能性が高いため、売却を完了させるために資金面でのパートナーを探すだろうと述べました。


しかし、AEWはWWE買収の懸賞の本命からは程遠いと言えます。また、バロンズは、WWEがメディア権利契約を結んでいるNBCユニバーサルとピーコックを所有するコムキャスト、UFCを所有するエンデバー、サウジアラビア公共投資基金も売却先候補として挙げました。後者はすでにWWEに深く愛着を持っており、火曜日に会社が売却されたことを示唆する議論のある報道がなされた際には、WWEの買い手として噂されています。


トニー・カーンはソーシャルメディア上でWWEの現状を冗談交じりに言及し、非常に注意深く見守っていることを認めましたが、彼自身やAEW関係者からは、プロモーションがWWEの買収に関心を持っていることを公に示すものは何もありませんでした。もしAEWへの売却が実現すれば、カーンが他のプロレス企業を買収するのは、1年近く前にRing of Honorを買収して以来2度目となります。


Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!