AEW:Dynamiteでジェイ・ブリスコ追悼マッチ開催!マーク・ブリスコがジェイ・リーサルとシングル!ワーナーの新たなトップがブリスコの出場に許可を出した模様。


 

日本時間1月26日放送の『AEWダイナマイト』で、マーク・ブリスコが亡き兄のジェイ・ブリスコーへのトリビュートマッチでAEWデビューすることになりました。


悲劇的なことに、プロレス界は2023年1月17日火曜日、ジェイ・ブリスコ (ジャミン・ピュー) を交通事故で失いました。


ジェイの弟マークは1月25日にAEW Dynamiteでデビューする予定で、リング・オブ・オナーにおける兄の最も重要なライバルの一人であるジェイ・リーサルと対戦します。


トニー・カーンはこの試合をツイッターで発表し、リング・オブ・オナーの元世界チャンピオンへの敬意を表したものと見られると述べました。



ジェイとマーク・ブリスコはトニー・カーンとリング・オブ・オナーと契約していたにもかかわらず、AEWテレビに正式に出演することはありませんでした。FightfulのSean Ross Sappは、ワーナーブラザーズディスカバリーの新しいボスがAEWにマーク・ブリスコの予約を許可したと報じました。亡くなった翌日のDynamiteでは、番組開始時にジェイの写真が表示された以外は、選手が喪章をつけたり、技を見せたりするだけに留まっていましたが、これはワーナー・ブラザーズの意向だとトニー・カーンが明かしていました。一方で、ROH名義でトリビュートショーを撮影しており、この時にもこのショーの続きがあることを示唆しており、この試合はそれに当たると考えられます。


Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???