WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明


 

WWE取締役会の動きに関する最新情報です。WWEが8 Kで提出した新たな資料によると、マンジット・シンとイグナス・ラフードはビンス・マクマホンの復帰に反対して辞任したことが確認されました。


申請書には 「ラフード氏とシン氏は、当社の戦略的選択肢を模索するという取締役会の決定には同意したが、現時点ではマクマホン氏の復帰には同意しなかった」 と記載されています。


1月6日金曜日、マクマホンは正式に取締役会に復帰しました。元WWE共同社長のミシェル・ウィルソンとジョージ・バリオスも参加した。JoEllen Lyons Dillon、Jeffrey R.Speed、Alan M.Wexlerは取締役から外され、LahoudとSinghは辞任しました。


シンは、2022年6月に性的不正行為と口止め料の疑惑がウォール・ストリート・ジャーナルによって報じられた後、マクマホンに対する取締役会の調査を主導しました。


マクマホンは火曜日に取締役会長として投票されました。この発表は、ステファニー・マクマホンがWWEの共同CEOを辞任すると発表した直後に行われました。


Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???