国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2020年7月27日月曜日

AEW:クリス・ジェリコが闘いたい相手とは?カナダのあの人の名が

0 件のコメント :








AEWの"Demo God"(新しいTシャツのネタ)クリス・ジェリコが毎週恒例のサタデー・ナイト・スペシャルに戻ってきました。ファンからの質問で「一緒にリングに上がれたら良かったと思うレスラーは誰か」という質問に答えています。

「俺が一番レスリングをしたいと思っていたのは、オーウェン・ハートとブレット・ハートだ。それがどんな時代であっても、彼等と一緒に行きたいと思っていた。俺の大きな公開の一つは、公開ではなく、最大の"悲しい機会"と呼ばれるかもしれないが、オーウェン・ハートとレスリングをすることができなかったことだと思う。」

「1999年にWCWからWWEに映った時、WCWを去る理由のトップ10を聞かれたら、その理由はこれ、これ、これ、これ、そしてこれで、9番目か10番目にオーウェン・ハートとレスリングする機会のためだっただろう」とジェリコは加えました。

「そして、俺が現れる3、4ヶ月前に他界してしまった。だから、俺はいつもオーウェンとレスリングがしたかったんだ」

ブレット・ハートは2011年秋以降、試合をしていません。2006年にWWE殿堂入り、2019年にはハート・ファウンデーションとして再びWWE殿堂入りしています。また、2019年にはAEWのPPV"Double or Nothing"に登場し、AEW世界王座のベルトを初お披露目しました。

ブレットと同時期にWCWにいたにも関わらず、ジェリコは会社の上層部から、"ザ・ヒットマン"とは同じレベルに見られてなかったと指摘します。

「俺はブレットとレスリングをすることはなかった。しばらくWCWにいたが、上層部の頭の中では、彼とリングに上がるようなレベルではなかった。俺の心の中では、完全にそのレベルにあったのに、それはどうでもいい。」

ジェリコは2019年の『Talk is Jerico』でもオーウェンに対して同じ感情を持ち、"いつだって夢の対戦相手"と呼んでいました。ジェリコによると、彼がピークを迎える前に悲劇の死を迎えていなければ、レスリング・ビジネスで巨大なスターになっていた、と言いました。

「オーウェン・ハートはこの瞬間、この時代、このスタイル、日本、ヨーロッパ、カルガリー、アメリカンスタイルの現代的なハイブリッドスタイルのパイオニアであり、革命家だった。彼は芝らしいキャラクターでありながら、リングの中は円滑だった。もし彼が、エディ、ディーン、クリス・ジェリコ、ロリンズ、レインズ、ケニー、コーディと一緒に仕事をして、彼から引き出す方法を知っている相手と試合をしていたら、彼はいまでも記憶に残るような名勝負してただろう。オーウェンの得意分野だ。」

Wrestling Inc



AEW:女子タッグトーナメント今夏開催発表!再定義される女子タッグとは

AEW:コーディ、レイ・ミステリオへの関心を語る

0 件のコメント :

コメントを投稿